川越でうなぎ どこで食べる?|おすすめのうなぎの老舗・銘店まとめました

川越といえば鰻(うなぎ)!!鰻(うなぎ)といえば川越!!

川越に来たら絶対に鰻を食べてほしい!!

江戸時代、荒川や入間川など多数の河川に囲まれている川越では、当時肉食が禁じられていたこともあり、河岸でとれるうなぎがタンパク源となっていました。

その頃からうなぎが川越の名物となり、歴史と伝統あるうなぎの銘店が数多く店舗を構えています

そこで、おいしい鰻の食べられる銘店をまとめてみました。

目次

小川菊(おがきく)

鰻が有名な川越で一二を争う人気店

小川菊(おがきく)

うなぎ専門店『小川菊』は江戸時代(1807年)の創業で、大正初期に建築された木造三階建の建物は、川越市の「都市景観重要建築物等」に指定されています。

小川菊
小川菊
小川菊 うな重(並)
小川菊 うな重(並)
オバちゃん

数ある鰻店のなかでもオバちゃんイチオシです!!

皮目はパリっと香ばしく、身はふわふわ。

江戸時代から受け継いだ秘伝のタレを使用した極上のうなぎを味わえます。

さらに『小川菊』では、待ち時間を有効活用できるのです。

店頭の端末で整理券を発行し、スマホでQRコードを読み取ることによっておおよその待ち時間がわかるので、順番を待ちながら川越散策を楽しめます。

くわしくはコチラ

[小川菊]

【住所】 川越市仲町3-22(MAP)
【電話】 049-222-0034
【営業時間】
・11:00~14:00
・16:30~19:30(L.O.19:00)
※売切れ次第閉店
【定休日】 木曜日(祝祭日を除く)
【駐車場】あり
【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩約11分
・東武東上線・JR埼京線「川越駅」から徒歩約20分
・東武バス、小江戸名所めぐりバス「仲町バス」下車、徒歩2分

いちのや

川越の名物うなぎ、真っ先に思い浮かぶお店が

いちのやではないでしょうか?

天保3年の創業以来、代々受け継がれてきた秘伝のタレで焼いた最高級のうなぎが味わえます。

いちのや
いちのや
いちのや うな重(菊)
いちのや うな重(菊)

『いちのや』は、いうまでもなく人気店なので予約必須です。

予約すると豪華な個室でうなぎを堪能できます。

予約していなくても、席数も多く店内で座って待つことができます。

くわしくはコチラ

[いちのや]

【住所】 埼玉県川越市松江町1-18-10(MAP

【電話】 049-222-0354

【営業時間】 11:00~21:00

【定休日】 不定休

【駐車場】 あり

【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩8分
・東武東上線「川越市駅」から徒歩14分
・JR埼京線「川越駅」から徒歩17分

東屋(あずまや)

明治元年(1868年)創業、うなぎの老舗

東屋(あずまや)』

成田山川越別院の山門前にたたずむ歴史ある日本家屋では個室で庭園を眺めながら備長炭で焼き上げた絶品のうなぎを味わえます。

東屋
東屋
東屋 うな重
東屋 うな重

『東屋』は予約必須です。

予約していないとほぼ入れないと思います。

予約もすぐにうまってしまうため、早めの予約をおすすめします。

くわしくはコチラ

[東屋]

【住所】埼玉県川越市西小仙波町1-16-1(MAP

【電話】049-222-0757

【営業時間】
・11:30~15:00(L.O.14:00)
・17:30~21:00(L.O.19:30)

【定休日】木曜日

【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分ほど

【駐車場】あり

うなっ子

川越名物のうなぎとサツマイモが一緒になったお重がいただける

うなぎ専門店うなっ子

うなぎの甘辛いタレとサツマイモの甘さが重なり合い、他とは一味違った味わいを楽しめます。

川越名物の鰻とサツマイモを両方味わうことができてしまいます。

うなっ子
うなっ子
うなっ子 いも重
うなっ子 いも重

『うなっ子』は観光名所、菓子屋横丁にあります。

お昼の時間を前後にずらせば比較的並ばずに入ることができます。

くわしくはコチラ

[うなっ子]

【住所】川越市元町2-10-6(MAP

【電話】049-228-0567

【営業時間】11:00~売り切れるまで
※夜は予約のみの営業

【定休日】火曜日

【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分
・小江戸巡回バス「菓子屋横丁」下車、徒歩3分

【駐車場】なし

林屋(はやしや)

栃木県の那須にある、川魚一筋、四十余年の『林屋川魚店』が2010年10月に出店した、うなぎの銘店

林屋 川越店

二度蒸し、二度焼きしているため、ふわとろな食感が味わえます。

林屋
林屋
林屋 うな重(上)
林屋 うな重(上)

大正浪漫夢通りのそばにある『林屋』の店頭には順番待ちの列が耐えません。

しかし、うなぎが運ばれてくるのが早いため、回転率が速くそれほど長く待たずに入店できます。

くわしくはコチラ

[林屋]

【住所】埼玉県川越市仲町2-4(MAP

【電話】049-226-3058

【営業時間】11:00~20:00

【定休日】不定休

【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩12分

深井屋(ふかいや)

大正浪漫夢通りのすぐそばにたたずむ町屋風の風情ある鰻(うなぎ)店

深井屋

割き(さき)、串打ち、焼きまでの全工程を一人の職人さんがすべて手作業で行っています。

鰻はもちろんのこと、お米、たれ、山椒など、食材にとことんこだわったうなぎ料理が味わえます。

深井屋
深井屋
深井屋 うな重(竹)
深井屋 うな重(竹)

お昼の時間を前後に少しずらせば、並ばずに入れることが多いです。

くわしくはコチラ

[深井屋]

【住所】埼玉県川越市仲町2-8(MAP

【電話】049-226-9666

【営業時間】11:30~14:30

【定休日】火曜日

【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩10分ほど

【駐車場】なし(川越商工会議所の駐車場が利用可能)

川魚料理 笹船(ささぶね)

うなぎの隠れ家的名店、川魚料理 笹船

住宅街にたたずむ民家の1階が店舗となっており、知る人ぞ知る隠れた鰻の銘店です。

笹船
笹船
笹船 うな重
笹船 うな重

『川魚料理 笹船』は、観光地から少し離れた住宅街にあるため、ほぼ待たずに入店できます。

家庭的な雰囲気の店内で、まるで自分の家で食事をしているかのようにくつろいでお食事できます。

トロッとやわらかい鰻の味も数ある銘店には負けていません!!

そして、他の鰻店よりも本川越駅や川越市駅から近いんです。

オバちゃん

知る人ぞ知る銘店です。本当は教えたくなかった・・・

くわしくはコチラ

[川魚料理 笹船]

【住所】 埼玉県川越市六軒町2丁目16-12(MAP

【電話】 049-222-2641

【営業時間】
・11:00~14:00(昼)
・17:00~20:00(夜)

【定休日】 月・火曜日

【アクセス】 西武新宿線「本川越駅」から徒歩7分


オバちゃん

オバちゃんもまだ食べ歩き中なので随時更新していきますね

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる