グルメ

川越 うなぎ『小川藤(おがとう)』|秘伝のタレで焼き上げた香ばしい極上うなぎ

小川藤

 

大正12年創業の歴史と伝統あるうなぎ店

『小川藤(おがとう)』に行ってきました。

 

小川藤

 

『小川藤』 は、大正浪漫夢通りの一本東側の道、川越街道沿いに店舗を構えます。

『いちのや』と同じ通り沿いです。

 

川越 うなぎ 小川藤

『小川藤』は、大正浪漫夢通り沿いにある『小川菊』からの暖簾分け店。

大正12年創業のうなぎの老舗です。

 

小川藤の外観

 

そのたたずまいにも歴史を感じられます。

 

『小川藤』のメニュー

小川藤のメニュー

 

●うな重 松 4,300円
●うな重 竹 3,300円
●うな重 梅 2,300円
●うな丼 並 1,900円
●うな丼 小 1,100円
●白焼き 大 3,100円
●白焼き 小 2,100円
●かば焼 大 3,100円
●かば焼 小 2,100円

うな重とうな丼はお新香と肝吸い付き
ごはん大盛りは+100円

ほかにも

 

小川藤のメニュー

 

手作りほねせんべいなどの一品メニュー。

ドリンクメニューも各種揃っています。

 

※価格はすべて2020年9月現在のもの

 

『小川藤』の店内

『小川藤 』の店内は古民家のような素朴で庶民的なお部屋となっています。

 

小川藤の店内

 

1階は、テーブル席と奥には座敷席。

 

小川藤の店内

 

2階は座敷席が用意されています。

 

備長炭で焼き上げられた香ばしい極上のうなぎを堪能

 

この日は日曜日でしたが、行列もなくすぐにお店に入ることができました。

うな重 竹を注文しました。

 

小川藤

 

うなぎが焼き上がるのを、コエドビールと枝豆をいただきながら待ちます。

10分~15分ほどの待ち時間だったでしょうか。

 

小川藤 うな重 竹

 

うな重 竹 が運ばれてまいりました。

竹には1尾分のうなぎがのっています(松は1+1/3尾、梅は2/3尾)。

 

小川藤

 

秘伝のタレに3回つけられ備長炭で焼き上げられた脂ののったウナギ。

皮目は焦げ目がつくほどにパリッとしていて、身はほろほろにやわらかい極上のうなぎです。

タレは甘さ控え目で、あっさりといただけます。

 

秘伝のタレでいただく極上のうなぎ。

贅沢なひとときをすごすことができました。

 

『小川藤』までのアクセス・営業時間など

【住所】埼玉県川越市松江町2-3-1

【電話】049-222-0643

【営業時間】11:30~15:00(L.O.14:45)

【定休日】火曜日

【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩11分ほど

 

\ いいね!と思ったらシェアお願いします/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-グルメ
-,

© 2020 川越のオバちゃんと行く川越散歩 Powered by AFFINGER5