川越 うなぎ専門店『小川菊』|江戸時代から受け継がれた極上の味

鰻が有名な川越で一二を争う人気店、『小川菊(おがきく)』へ行ってきました。

大正浪漫夢通りに店舗を構えています。

うなぎ専門店『小川菊』は江戸時代(1807年)の創業で、大正初期に建築された建物は、川越市の「都市景観重要建築物等」に指定されています。

数ある川越のうなぎ店の中でも最も古い歴史ある老舗のうなぎ専門店です。

小川菊 外観
目次

川越 うなぎの老舗『小川菊』|ほとんど並ばずに食べられる!?

オバちゃん

小川菊さんは川越のうなぎの老舗であり、人気店にもかかわらず、ほとんど並ばずにお店に入ることができます。

よしこ

予約表みたいなのに名前を記入するのかな?

オバちゃん

惜しい!!
と言いたいところですが全然違います。名前は書きません。

よしこ

え~、どうして?どうして?気になるよぉ。

小川菊の店頭には予約を受付するタッチパネルが置かれています。

小川菊 予約操作端末

この画面をタッチすると整理券が発見されます。

その整理券に記載されているQRコードをスマートホンで読み取るとスマホに下のような画面が表示されます。

小川菊の予約システム

開店時間の11時ちょっとすぎたくらいだったのに、36組も待っている人たちがいます。

店頭に行列ができていないだけで、こんなにたくさんの人が小川菊のうなぎを求めて待っているのですね。

お呼び出しメールの設定や、LINE登録もできるみたいです。

順番が近づいてくると「ご来店ください」の画面に切り替わりました。

小川菊の予約システム画面

一定時間を過ぎるとキャンセルになってしまいます。

あわてて小川菊に向かったところ、ちょうど呼ばれるところでした。

よしこ

なるほど~。これはわかりやすくて便利だね。

江戸時代から受け継いだ秘伝のタレを使用した「うな重」をいただきました

小川菊の店内に入って見ると、1階はモダンな雰囲気のデザインになっていました。
バリアフリーの設計になっているみたいです。

2階に案内されました。

小川菊 店内の様子
小川菊の店内の様子

2階は畳敷きの和室がつづいており、落ち着いた空間が広がっています。

うな重の並を注文しました。お新香と肝吸い付きです。

小川菊 うな重

ご飯は普通盛だとお茶碗1杯分、大盛りにもできるそうです。

江戸時代からつづく一子相伝のタレで焼き上げられたうなぎ。

あまり甘すぎず上品なタレで焼き上げられた身はほんのりと焼き色がつきフワフワで、皮目はパリッとして香ばしい食感が楽しめます。

あっという間に完食してしまいました。

川越で一二を争う絶品のうな重、待ち時間がどれだけ長くても待ってでも食べる価値ありです。

江戸時代より長年受け継がれた伝統ある極上の味、リピーターの方も多いのではないでしょうか。

小川菊のメニュー|お持ち帰りメニューもあります

うな重(香・吸い物付)
並 3,350円、上 4,000円、特 5,250円

うな丼 2,850円

蒲焼
並 2,850円、上 3,500円、特 4,700円

白焼 3,600円

鶏蒲三色(香・吸い物付) 2,700円
鶏蒲焼・卵そぼろ・鶏そぼろの三色ご膳

柳川 1,500円

う巻(4貫盛り) 2,800円

など。

川越の地ビール、「小江戸ビール」も楽しめます。

お持ち帰りのメニューは、

蒲焼
並 3,050円、上 3,700円、特 4,900円

折弁当
並 3,300円、上 3,950円、特 5,200円

となっています。

『小川菊』店舗概要

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる