川越の古民家カフェ・古民家ランチ特集!|レトロな佇まい残す建物でノスタルジックなひとときを

古民家カフェ、古民家ランチ

小江戸川越といえば蔵造りが有名ですが、明治、大正、昭和初期に建てられた古い町屋や長屋も魅力の一つ

レトロな面影を残す古民家をリノベーションして店舗として使用している飲食店も多く見かけます。

古民家ならではの木のぬくもり、立派な柱や梁、急な階段、土間や縁側といった趣ある空間でノスタルジックなひとときを過ごすもの乙なものです。

川越で古民家カフェや古民家ランチを楽しめるお店を紹介したいと思います。

目次

長峰園 川越札の辻店 和芳庵

長峰園 川越札の辻店 和芳庵
長峰園 川越札の辻店 和芳庵
長峰園 川越札の辻店 和芳庵

札ノ辻の交差点にある『長峰園 川越札の辻店 和芳庵』
店舗は明治時代の建物になります。
以前は呉服屋さんとして使用されていました。

長峰園 川越札の辻店 和芳庵
長峰園 川越札の辻店 和芳庵
長峰園 川越札の辻店 和芳庵

1階では茶農家である『長峰園』の自家茶園で栽培された狭山茶や狭山茶スイーツなどの販売
2階は狭山茶カフェ
畳敷きに畳ベンチ、格子窓からは一番街の景色を見ることができます。

くわしくはコチラ

[長峰園 川越札の辻店 和芳庵](MAP)

【住所】埼玉県川越市元町2-2-5
【電話】049-223-3210
【営業時間】11:00~17:00(L.O.16:30)
※1階の店舗は10:00~
【定休日】年中無休

料亭 山屋

料亭 山屋

『料亭 山屋』は、明治初年創業
川越では最も歴史ある料亭です。

『料亭 山屋』の建物は、明治初年に山屋初代半兵衛が川越藩御用達の米穀商 横田五郎兵衛の別宅を譲り受けたもの
明治初年に譲り受けたということはそれより前の江戸時代の建築物ということになります。

料亭 山屋

四季折々で表情かえる約1000坪にもおよぶ庭園が窓から見渡すことができます。

老舗の料亭となると敷居が高いと感じられる方も多いかと思いますが安心してください。

料亭 山屋

ランチタイム(月~金の11:30~13:30)には、リーズナブルなお値段のランチが用意されており、料亭山屋の味を堪能することができます。

くわしくはコチラ

[料亭 山屋](MAP)

【住所】埼玉県川越市幸町11-2
【電話】049-224-0048
【営業時間】11:30~21:30(L.O.19:30)
【定休日】毎週月曜+不定期で月2~3日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩13分ほど

川島カフェ

川島カフェ

本川越そばにある懐石料理の老舗『割烹川島』が手がけるカフェ『川島カフェ』
築130年余りの建物の緑の暖簾(のれん)をくぐると

川島カフェ
川島カフェ

日本庭園が目の前に広がるソファ席やゆったりくつろげる広々とした個室席
時の流れを忘れてしまいそうな静かで落ち着いた空間となっています。

川島カフェ

板前さんランチや手作りスイーツ、バランス良く取り揃えたスペシャリティコーヒーなどをいただくことができます。
開放感ある優雅なティータイムを過ごすことができます。

くわしくはコチラ

[川島カフェ](MAP

【住所】埼玉県川越市通町18-5
【電話】049-224-3456
【営業時間】
11:00~16:00(L.O.15:30)
ランチタイム 11:30-14:30 (L.O.14:00)
【定休日】月曜・火曜
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩4分

1901 TEA SALON

1901 TEA SALON

1901(明治34)年に建築された土蔵造りの建物をリノベーションしたティーサロン『1901 TEA SALON』
大正浪漫夢通り沿いに店舗を構えています。

1901 TEA SALON
1901 TEA SALON
1901 TEA SALON

奥行きのある建物は手前が明治34年(1901年)につくられた土蔵造り、奥は大正8年に建てられた建物となっています。
木のぬくもりが感じられる温かな空間となっています。

1901 TEA SALON
1901 TEA SALON

『1901 TEA SALON』は、日本茶を鉄急須で頂ける和カフェ

旧川越領内茶園で栽培された茶葉から作られた抹茶を贅沢に使ったババロアと川越抹茶がセットになった「川越抹茶ババロアセット」がおすすめです。

くわしくはコチラ

[1901 TEA SALON](MAP

【住所】埼玉県川越市連雀町13-4
【電話】049-236-3883
【営業時間】12:00~17:00
【営業日】当面の間は土日祝
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩8分ほど

中正屋

中正屋

菓子屋横丁のほど近く、新河岸川を渡る高沢橋のたもとにある『中正屋』は、築100年を越える歴史ある古民家づくりの建物

中正屋

古い日本家屋をそのままに残した趣のある店内には心地よいやわらかな日差しが差し込みます。

中正屋
中正屋

『中正屋』でいただけるのは、「日本料理」と北海道の上質蕎麦粉を使用した「自家製手打ち蕎麦」

かえしのよくきいた濃い目のそばつゆと色白の更科そばは絶品です。

くわしくはコチラ

[中正屋](MAP

【住所】埼玉県川越市石原町1-2-1
【電話】049-224-5031
【営業時間】
(昼の部)11:30~14:00
(夜の部)17:30~20:30
【定休日】火曜・第3水曜
【アクセス】
西武新宿線「本川越駅」から徒歩17分ほど
東武バス「高沢橋」バス停下車、徒歩1分ほど

ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar

ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar
ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar

『ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar』は、築100年を超える古民家をリノベーションしたカフェ

ゲストハウスとして宿泊もでき、昼はカフェ、夜はバーラウンジや間借り営業の店舗が営業していることもあります。

古き良き昭和を感じる「ちゃぶだい席」もあり、一家団欒の場のように人々が集い語らい合える空間となっています。

ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar
ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar
ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar

建物をぬけた先にある裏庭にはテラス席もあります。

サンドイッチやキッシュ、焼菓子などの軽食メニューをいただくことができます。

くわしくはコチラ

[ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar](MAP

【住所】埼玉県川越市三久保町1-14
【電話】049-214-1617
【営業時間】
・11:00-16:00(平日)
・11:00-17:00(土日祝)
【定休日】水曜日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」より徒歩13分ほど

KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)

KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)

赤間川のほとりにある明治築の歴史ある古民家『KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)』

KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)

木を基調とした白壁のレトロな店内からは目の前を流れる赤間川を眺めることができます。

川のせせらぎとともにゆっくりとした時間を過ごすことができます。

KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)

『KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)』は、パスタ、カレー、ビーフシチュー、ハンバーグなどをいただける洋食店

どこか懐かしさを感じる空間でどこか懐かしさを感じるお料理を楽しむことができます。

くわしくはコチラ

[KOEDO BonAppetit(コエド ボナペティ)](MAP

【住所】埼玉県川越市石原町1-18-3
【電話】049-236-3111
【営業時間】
[ランチ]11:00~15:00
[ディナー]17:00~22:00
【定休日】
水曜日
【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩17分ほど
・東武東上線「川越市駅」から徒歩16分ほど

伊佐沼庵/古民家カフェ&バー smiley

伊佐沼庵
伊佐沼庵
伊佐沼庵

伊佐沼の北側にたたずむ立派な古民家は、江戸時代終わりから明治のはじめに建築されたと推定される民家を移築復元した建物

外観はスレート葺の屋根に覆われていますが、もともとの屋根は茅葺(かやぶき)屋根の建物だったようです。

伊佐沼庵
伊佐沼庵

庭に面した長い廊下、部屋との境目には障子の引き戸、すすけてしまった畳の味わい深い店内

窓の外のお庭にはテラス席が並んでいます。

この古い日本家屋は、

  • ランチタイム(11:00~14:00)は古民家食堂『伊佐沼庵』
  • 14:30からはパンケーキが人気の『古民家カフェ&バー smiley』

として営業をしています。

伊佐沼庵
『伊佐沼庵』の「肉汁うどん」と「卵かけごはん」
古民家カフェ&バー smiley
『古民家カフェ&バー smiley』の「レモンのスフレパンケーキ」

『伊佐沼庵』では「肉汁うどん」や「天ぷらうどん」などのコシの強い田舎うどん

『古民家カフェ&バー smiley』ではふわふわのパンケーキをいただくことができます。

いずれも「伊佐沼農産物直売所」が運営するお店となっています。

くわしくはコチラ

[伊佐沼庵](MAP

【住所】埼玉県川越市鴨田922-1
【電話】049-226-3780
【営業時間】11:00-14:00
【定休日】月曜
【アクセス】
川越駅または本川越駅より「東武バス」埼玉医大行き乗車、「鴨田」下車、徒歩10分

[古民家カフェ&バー smiley]

【営業時間】
・カフェタイム 14:30~17:00
・バータイム 18:00~22:00
【定休日】月・火

ギャラリー&カフェ 二軒堂

ギャラリー&カフェ 二軒堂

芸者さんたちの置き屋として使用されていた長屋が並ぶ「弁天横丁」

ぬけ落ちた床やくずれかけた壁、建物としての体をなさないほどに古びてしまった長屋を店主の工藤さんが息子さんとともに8ヶ月の月日をかけて修復しオープンしたのが『ギャラリー&カフェ 二軒堂』

ギャラリー&カフェ 二軒堂
ギャラリー&カフェ 二軒堂

古材を使用し生まれ変わった店内は、カラフルなヘリンボーン貼りの床が貼られレトロでハイカラ、文明開化の足音が聞こえてきそうです。

ギャラリー&カフェ 二軒堂

キーマカレーや豚の角煮などの家庭的なお食事メニューや、ケーキなどのカフェメニューをいただくことができます。

くわしくはコチラ

[ギャラリー&カフェ 二軒堂](MAP

【住所】埼玉県川越市元町1-16-6
【電話】049-214-6276
【営業時間】
ランチ 12:00~17:00(L.O.16:30)
ナイト 18:30~22:00(L.O.21:30)
【定休日】
月、火、水
【アクセス】東武バス「札の辻」バス停下車、徒歩1分ほど

Banon(バノン)

札の辻の交差点から市役所へ向かう本町通り沿い、裏宿通りの入口にある雑貨とカフェのお店『Banon(バノン)』

店内には、まるで古いおもちゃ箱の中から飛び出してきたようなぬいぐるみや雑貨、小物が並んでいます。

その雑貨の森の中にポツリポツリと置かれたテーブル席

まるで「かくれんぼ」をしているかのような一人席まで!

『Banon』では、レモンのタルト、ほうじ茶のクリームブリュレ、クランブルチーズケーキなどのケーキメニュー

コーヒー、紅茶、バノンミルクティー、あんこミルクなどのドリンクメニューをいただくことができます。

カチカチと振り子時計の音が響く店内で居心地の良いひとときを過ごすことができます。

くわしくはコチラ

[Banon 喫茶とあれこれ](MAP

【住所】埼玉県川越市元町1-12-7
【営業時間】12:00~18:00
【営業日】木~日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩17分ほど

LILIANG(リリアング)

本町通りと弁天横丁にはさまれたエリアにある『LILIANG(リリアング)』は手作り雑貨とカフェのお店

普通に歩いていたら絶対に見つけられないような場所にある隠れ家

築年数は不明ですが築40~50年ほどではないかとのことでした。

”THE 昭和の戸建て” といった感じの建物です。

1階はカフェ、2階では雑貨が販売されています。

廊下
カフェスペース

細い廊下を通りたどりついたカフェスペースは1組で満席になってしまう小さなお部屋

まるで人様の家にあがりこんでしまったかのような感覚すら覚えます。

日によってメニューが替わるランチセットとケーキセット(いずれもドリンク付)をいただくことができます。

ウインクしているコーヒーカップもレトロで素敵!

くわしくはコチラ

[LILIANG(リリアング)](MAP

【住所】川越市元町1-12-12
【営業時間】11:00~17:00
【営業日】土日(※平日の来店希望は要予約)
【アクセス】東武バス「札の辻」バス停下車、徒歩3分ほど


経年劣化すら古(いにしえ)の美(び)と感じられるレトロな魅力あふれる古民家

古き良き時代にタイムスリップしてしまったかのような古民家で、川越グルメを堪能してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次