“ひとり出版社”「仙波書房」から『川越の建物 近代建築編』発売|出版記念のイラスト原画展も

企画・編集・営業・管理業務など、独りで行う”ひとり出版社”「仙波書房」。

その「仙波書房」さんから2021年5月31日、『川越の建物 近代建築編』が発売されました。

目次

『川越の建物 近代建築編』|川越の街歩きのおともに最適

川越といえば江戸情緒残る「蔵造りの町並み」にスポットが当たりがちですが、近代建築の素敵な建物もいっぱいあります。

近代建築とは洋風建築や耐火素材で覆われた壁面をもつ看板建築のこと、モダニズム建築とも呼ばれています。

旧埼玉りそな銀行川越支店
旧埼玉りそな銀行川越支店
百丈
手打ちそば 百丈

「旧埼玉りそな銀行川越支店」や「手打ちそば 百丈」など川越の街に点在する近代建築は、ひとつひとつがとても個性的でレトロな風情ある建物となっています。

その近代建築を多くの写真やイラスト付きで紹介した書籍

『川越の建物 近代建築編』が「仙波書房」から発売されました。

全国の書店、Amazonなどのオンラインショップでも購入することができます。

紹介されている川越の近代建築は全部で21箇所

リンクは当ブログのブログ記事へのリンクとなります
グルメ情報もあるので書籍とあわせてお楽しみ下さい

建物の歴史や説明にくわえ、川越を舞台にした作品『月がきれい』制作のアニメーション制作会社 “feel.(フィール)” 協力、老舗背景制作会社”プロダクション アイ”によるイラストも多数掲載されています。

書籍のサイズはA5判、コンパクトなので街歩きのおともに最適です。

川越はドラマや特撮、アニメの舞台となることが多く、その情報も記載されているので「聖地巡礼」するときの参考書にもなります。

書籍の出版を記念したイラスト原画展

『川越の建物 近代建築編』の出版を記念したイラスト原画展が開催されています。

開催場所は、JR/東武東上線「川越駅東口」出てすぐの「川越マイン」の3Fです。

川越マイン
川越マイン
川越の建物 近代建築編 原画展

入場無料なので気軽に立ち寄ることができます。

書籍で使用されたイラスト原画がずらりと展示されています。

建物の光の反射、光のまわりこみの表現がとてつもなく美しく、建物の古びた感じまで丁寧に描きこまれています。

一枚一枚をじっくりまじまじと鑑賞することができます。

入口には「仙波書房」さん制作の「川越の情景模型」が展示されています。

このスケールの小ささでここまで細かく表現できるのかってくらい細かいところまで丁寧につくりこまれています。

時の鐘の情景模型

時の鐘」の情景模型
時の鐘の足元にいる時の鐘マンに目を奪われてしまって上の方が見切れてしまいました。。。

おもちゃのおびつ情景模型

「おもちゃのおびつ第二売場」の情景模型
以前は蓮馨寺前に「おもちゃのおびつ」が何店舗かあり、第二売場はたしかプラモデルをメインに取り扱っていました。

オバちゃん

「Dr.スランプ」のプラモデルを買ってもらった記憶があります

スカラ座の情景模型
太陽軒の情景模型

「スカラ座」や「太陽軒」、そして「旧埼玉りそな銀行川越支店」の建築風景の情景模型までも。

こちらの情景模型、先日まで西川越の「ケイホビー」さんに展示してありました。

「ケイホビー」さんでの展示を見てそれに触発され、オバちゃんも3Dで「旧六軒町郵便局」をつくってみました。

オバちゃん

お時間のある方はオバちゃんの作品も見てあげて下さい

展示会場では書籍、イラストを使用したポストカード、クリアファイルが販売されています。

川越の建物 近代建築編

展示会場の奥には

越えていこう、川越

越えていこう、川越」のポスターが展示され

越えていこう、川越

「越えていこう、川越」のコンセプトムービーが流れていました。

来年(2022年)で市制100年という節目をむかえる川越。

長きにわたり愛されつづけている川越の建築物たち。

書籍『川越の建物 近代建築編』も長きに渡り読み繋がれていくことでしょう。

[出版記念、複製原画展&模型展]
【開催場所】川越マイン3F
【開催期間】2021年6月1日(火)~8月31日(火)
【入場料】無料

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる