川越氷川神社『恋あかり』|ぼんぼり、恋はなび、恋あかり限定ビールも

イベント

夏の宵、ぼんぼりに良縁成就を願い光を灯すー。

川越氷川神社では、令和元年 7月27日(土)〜8月31日(土)に、
今年で三回目となる『恋あかり』の行事が開催されます。

『恋あかり』は、川越氷川神社が、「コエドブルワリー」「Kawagoe Premium」と共に、川越のまちをさらに魅力に感じていただけるよう
さまざまな「縁」をお届けし、夏の夜の川越をやわらかなあかりでふわりと照らす行事として始まったものです。

川越氷川神社 大鳥居

スポンサーリンク

恋あかり特別良縁祈願祭

神社のあかりを、まちへ

今からおよそ1500年前、川底の光を祀ったことに始まるとされる川越総鎮守、氷川神社。
川越氷川神社と「光」は創建の昔から密接な関係にあります。
やわらかな光には、ひとの心を和らげる力があるのでしょう、
江戸風鈴は境内のあかりに照らされ、夜もやさしく参拝者を迎えます。
「恋あかり」は、それぞれの想いをぼんぼりに灯して、川越の夏の夕景を楽しんでいただく行事です。
あかりを手に歩いていくと、今もひっそり息づく小江戸の歴史や文化が、
夕暮れのまちにふわりと浮かびあがってくるかもしれません。
たいせつなひとと一緒に、ぜひお越しください。

川越氷川神社宮司

光にまつわる由緒ある川越神社では「神社のあかりを街へ届けたい」という想いをもとに始められた行事です。

「恋あかり」期間中は毎日18:30から恋あかり特別良縁祈願祭が斎行されます。
(10分前までに社務所にて受付)

祈願初穂料は1500円で、恋あかりのぼんぼりと飴が授与されます。

恋あかりのぼんぼりと恋はなび

恋あかりのぼんぼりには、恋人、夫婦、家族、友人など、これからもずっと一緒に過ごしていきたいという縁を願う想いを込めます。

川越氷川神社 恋あかりのぼんぼり

恋あかりのぼんぼりは良縁祈願祭の授与品としてだけではなく、9:00から21:00までの間、社務所にて頒布されています。

川越氷川神社 恋あかりのぼんぼり

ぼんぼりのスイッチをオンにすると、色とりどりの光を放ちます。

また、期間中社務所にて、恋はなび」の頒布も行われています。

「恋はなび」は二人でひとつの線香花火を灯せるように、持ち手が二本になっています。

花火が終わったら残った二本の持ち手をお互いの指に結び合うことで二人に良い縁が結ばれることでしょう。

ぼんぼりと恋はなび

スポンサーリンク

コエドブルワリー|恋あかり期間限定ビール

小江戸川越のクラフトビールを生産する「コエドブルワリー」では、
「恋あかり」期間限定のビールを2種類開発しました。

「華束ーHanatabaー」と「紫の雲ーMurasakinokumoー」です。

コエドビール

左:華束、右:紫の雲

華束ーHanatabaー

川越市の市の花である「山吹」をイメージし、フローラルなアロマを持つホップを使用した、華やかなホッピーベールエール。バランスの取れた軽快なボディと綺麗な苦味が、暑い日が続く季節にゴクゴクと飲んでいただけるような爽快なビールに仕上がりました。

コエドブルワリー

紫の雲ーMurasakinokumoー

小麦由来の柔らかい口当たりに、ラベンダーの爽やかさと華やかさを感じられるハーバルなアロマが特徴のラベンダーウィートエール。苦味を抑え、アルコール分も低くすることで、飲みやすいビールに仕上がりました。

コエドブルワリー

市内各店舗にて販売中です。

もちろん川越氷川神社にある「むすびcafe」でも味わうことができます。

オバちゃん
オバちゃん

オバちゃんは、川越百万灯夏まつりで蔵里前広場に出店されているブースでいただきました。

川越市内限定の超プレミアムなビールです。

スポンサーリンク

kawagoe premium

大正十三年に創業した印刷会社、「kawagoe premium」では、
仲良し女性3人組みがそれぞれの「縁」を願いながら川越を散策する様子を描いたパンフレットやムービーを製作しています。

恋あかり特設サイト

西武本川越ペペで「縁むすび風鈴・恋あかり」に合わせ「恋さがし」開催

川越氷川神社の「縁むすび風鈴・恋あかり」に合わせ、西武本川越ペペでは「恋さがし」を開催中します。

くわしくは、西武本川越ペペ公式ホームページ をご覧下さい。

 


川越氷川神社では現在、「縁むすび風鈴」期間中です。

コメント