【ソーレイ!】2022年の「川越まつり」は山車29台が勢揃い!市制100周年の歴史に残る2日間になりそう

川越まつり2022

新型コロナウイルスの感染状況により変更になる可能性があります。

「ソーレイ!ソーレイ!」

わが町の山車を背に、わが町の着物を纏い、片手に提灯をにぎりしめ町を練り歩く

山車同士が出会えば回り舞台が回転し頭上に響くお囃子の競演

ぶつかりあいゆらめく無数の提灯のともしび

町の風景が江戸情緒あふれる絢爛豪華な祭礼絵巻となる・・・

川越の秋の風物詩「川越まつり」が3年ぶりに帰ってきます。

目次

川越まつりとは

川越まつり
川越まつり

川越まつりは、慶安4年、川越藩主松平信綱の命により始められた神幸祭が起源

城下町の総鎮守氷川神社が行う「例大祭」と「神幸祭」を根源とする祭祀と氏子、町衆が行う祭礼の山車行事です。

平成28年にはユネスコ無形文化遺産に登録されています。

江戸で行われていた「天下祭」の面影を色濃く残した絢爛豪華な都市祭礼となっています。

2022年の川越まつり 開催日程

2022年の川越まつりは、

2022年10月15日(土)、16日(日)

に開催します。

2022年の川越まつりは保存と継承を目的とした川越まつりに

2020年、2021年と新型コロナ感染拡大防止のため中止となってしまった川越まつり。

まだまだ先の見えないコロナ禍が続く中、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえながら2022年の川越まつりが開催されます。

祭礼や山車行事など、370年にわたり受け継がれ育まれてきた伝統文化の保存や継承を目的とした川越まつりとなります。

市制100周年の節目となる2022年は山車29台が勢揃い

川越まつり
川越まつり
川越まつり

市制100周年の節目となる2022年は、27町内29台全山車が勢揃いします。

松平信綱の山車(旭町3丁目)鈿女の山車(今成町)
鈿女の山車(大手町)木花咲耶姫の山車(岸町2丁目)
秀郷の山車(喜多町)翁の山車(幸町 雪塚会)
小狐丸の山車(幸町 金山会)頼光の山車(三久保町)
弁慶の山車(志多町)家光の山車(新富町1丁目)
鏡獅子の山車(新富町2丁目)高砂の山車(末広町)
菅原道真の山車(菅原町)仙波二郎安家の山車(仙波町)
鍾馗の山車(通町)羅陵王の山車(仲町)
重頼の山車(中原町)素戔鳴尊の山車(西小仙波町)
八幡太郎の山車(野田五町)龍神の山車(松江町1丁目)
浦嶋の山車(松江町2丁目)納曾利の山車(南通町)
日本武尊の山車(宮下町)牛若丸の山車(元町1丁目)
山王の山車(元町2丁目)道灌の山車(連雀町)
三番叟の山車(六軒町)家康の山車(脇田町)
猩猩の山車(川越市)

普段は山車蔵に格納されている山車ですが、3年間しまいっぱなしになっていたわけではありません。

宮大工さんの手により大改修された山車、人形衣装や四方幕等の虫干しなど、町ごとに山車が丁寧に管理・保存されてきました。

川越市市制施行100周年の節目となる大祭にむけての準備を整えてきているのです。

2022年の川越まつり スケジュール

例年だと氷川神社の神幸祭、山車巡行、宵山(よいやま)、鳶のはしご乗り、曳っかわせ(ひっかわせ)などが次々と繰り広げられる川越まつり

2022年の川越まつりのスケジュールはまだ発表されていません。

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催規模等については段階的に判断されます。

そのためスケジュールの発表はギリギリになるのではないかと思われます。

露店の出店はありません。川越グルメで腹ごしらえしよう!

2022年の川越まつりでは、露店の出店はありません。

祭りでにぎわうエリアには川越の飲食店がたくさんあります。

店先に各店舗のフードやドリンクが並ぶので川越グルメで腹ごしらえすることができます。

今までに訪れたお店のブログ記事がありますので参考にしてください。

エリア毎に記事一覧が表示されます↓↓↓

お祭りの日限定のメニューも登場すると思うので要チェックです!

【関連情報】川越まつり会館で「踊り屋台」が展示されています(~10月14日)

川越まつり会館では、お祭り前日(10月14日)までの期間限定で「踊り屋台」が展示されています。

踊り屋台に乗って写真を撮ることもできます。

川越まつりの歴史と文化にふれることができますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい


歴史と現代が交錯する「川越まつり」

伝統、文化、そして求められるニューノーマル

市制100周年の「川越まつり」は、つむぎつながれてゆく川越の歴史に新たなる1ページを刻むに違いありません。

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

コメント

コメント一覧 (2件)

    • さちさん、初めまして

      「川越まつり会館」の展示物の記載等では”台”で数えられています。
      川越の山車は”台”で数えるのが正しいのではないかと思われます。
      ”本”という数え方もあるのですね。勉強になります。

コメントする

目次