川越で愛され続ける「おだんご屋さん」特集|花より団子派の方必見!

川越 だんご

川越名物の一つである「焼きだんご」

おだんご片手に小江戸の風情を堪能するなんて粋じゃないですか!?

おすすめはやっぱり「醤油の焼きだんご」

美味しい「醤油の焼きだんご」がいただける川越のおだんご屋さんの紹介したいと思います。

花より団子派の方もそうでない方も必見です!

目次

名代焼だんご 松山商店

名代焼だんご 松山商店
名代焼だんご 松山商店
名代焼だんご 松山商店

蓮馨寺境内にある『名代焼だんご 松山商店』

大正創業の老舗で現在のご主人は4代目

「焼きだんご」は1本90円

昔から変わらないまんまるのお団子は、弾力がありキリリとしょっぱい硬派な醤油味です。

  • あんだんご
  • いなりずし
  • のり巻き

なども販売されています。

店頭にはベンチ、店内にはテーブルと椅子があります。

[名代焼だんご 松山商店]
【住所】埼玉県川越市連雀町7-1(MAP
【電話】049-222-2374
【営業時間】9:30~16:30(売れ切れ次第閉店)
【定休日】水曜日

鐘撞堂下 田中屋

鐘撞堂下 田中屋
鐘撞堂下 田中屋
鐘撞堂下 田中屋
鐘撞堂下 田中屋

時の鐘のすぐ隣にある『鐘撞堂下 田中屋』

創業は文久元年(1861年)

160年以上もつづく団子一筋の老舗です。

炭火焼のだんごは1本80円

おはじきのように平べったい形が特徴的

味付けは醤油のみという古(いにしえ)を感じる素朴なお団子です。

不揃いな竹串にも味わいがあります。

店内にベンチがあるのでそちらでいただくこともできます。

鐘撞堂下 田中屋(MAP
【住所】埼玉県川越市幸町15-9
【電話】049-223-0573
【営業時間】10:30~14:00
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分ほど

都屋(横丁の焼きだんご)

都屋(横丁の焼きだんご)
都屋(横丁の焼きだんご)

菓子屋横丁にある『都屋(横丁の焼きだんご)』

昭和12年の創業

創業当時は和菓子屋さんを営んでおり、団子屋の歴史は50年ほどとのことでした。

『都屋』の横丁焼きだんごはなんと1本50円!

他店が平均80円ほどなので驚きの安さです!

安いからとあなどるなかれ

やわらかくもっちりとしていて奥ゆかしいしょっぱさの焼きだんごは他店に引けを取らない美味しさです。

都屋(横丁の焼きだんご)(MAP
【住所】埼玉県川越市元町2-3-16
【電話】049-222-1988
【営業時間】10:30~17:00

【定休日】月
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分ほど

伊勢屋

伊勢屋
伊勢屋

昭和の町(中央通り)にある『伊勢屋』

昭和元年の創業で現在の店主さんで三代目となる和菓子の老舗

焼きだんごは1本90円

外は少しカリッとして中はもちもちの食感、ほどよい甘じょっぱさです。

お団子の種類も豊富

  • 四季だんご
  • 抹茶あんだんご
  • 焼きいもだんご
  • あんBURANだんご

などのスイーツ系の創作だんごも人気です。

お団子に目をうばわれてしまいがちですが和菓子屋さんなので饅頭や大福、草餅などの和菓子も販売しています。

店内と店頭にベンチがあるのでそちらでいただくことができます。

伊勢屋(MAP
【住所】埼玉県川越市連雀町10-1
【電話】049-222-0986
【営業時間】10:30~17:00
【定休日】月・水
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩7分ほど

味の店 いせや

味の店 いせや
味の店 いせや

看板建築のモダンなデザインの建物は、大正浪漫夢通りにある『味の店 いせや』

昭和10年創業の和菓子の老舗

上で紹介した『伊勢屋』と読み方が一緒なので間違えないようご注意を

『味の店 いせや』の焼だんごは1本90円

少し甘みを感じる醤油味でやわらかめのお団子です。

売り場は和菓子がメインとなっており、素朴な味わいを大切にした手作り和菓子を買い求めるお客さんが耐えません。

お店の入口にベンチがあるのでそちらでいただくこともできます。

[味の店 いせや](MAP
【住所】埼玉県川越市連雀町13-6
【電話】049-222-1198
【営業時間】9:30~18:30
【定休日】水曜日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩9分ほど

小澤屋

小澤屋
小澤屋

クレアモールそばにある『小澤屋』は昭和21年の創業

焼きだんごは1本70円

松本醤油商店のお醤油を使用しています。

甘みが少し感じられる深みある醤油味の団子です。

店内にテーブル席があるのでそちらでもいただくことができます。

[小澤屋](MAP
【住所】埼玉県川越市新富町1-5-21
【電話】049-224-0867
【営業時間】9:30~16:30
【定休日】水曜日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩3分ほど

かなめや

かなめや
かなめや

クレアモールにある『かなめや』

創業35年で他の老舗に比べると比較的新しめのおだんご屋さん

醤油の焼きだんごは1本90円

『かなめや』のだんごの特徴は、もっちりもっちもち食感

苺の季節はもっちりやわらかい「いちご大福」も美味しいんです。

  • みたらしだんご
  • ごまだれだんご
  • かつお節だんご
  • 七味醤油チーズだんご

など、定番のお団子から少しかわったお団子まで販売されています。

[かなめや](MAP
【住所】埼玉県川越市新富町1-7-12
【電話】049-223-0587
【営業時間】11:00~売切れ次第閉店
【定休日】木曜日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩5分ほど

厄除けだんご

厄除けだんご
厄除けだんご
厄除けだんご

川越大師喜多院の境内にある屋台『厄除けだんご』

3本入りで400円

かじった瞬間、焦げ目がパリパリッと香ばしくしょっぱめのお団子

食べて厄除けもできてしまうなんて一粒で二度おいしい!?

屋台では

  • みそおでん
  • ソフトドリンク
  • アルコールドリンク

も販売されており、屋台の前に設置されているテーブルでいただくことができます。

[厄除けだんご](MAP
【住所】埼玉県川越市小仙波町1-19-2 喜多院境内
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩10分ほど

津ヶ原だんご店(成田山だんご)

津ヶ原だんご店(成田山だんご)
津ヶ原だんご店(成田山だんご)
津ヶ原だんご店(成田山だんご)

成田山川越別院の2軒となりにある『津ヶ原だんご店(成田山だんご)』

明治時代の創業で昔は「ちょんまげだんご(?)」と呼ばれていたとか。

炭火焼きだんごは1本80円

こんがりと焼き上げられたしょっぱめの昔ながらのお団子です。

[津ヶ原だんご店(成田山だんご)](MAP
【住所】埼玉県川越市久保町7-3
【電話】049-224-0360
【営業時間】10:00~
【営業日】土日祝・蚤の市の日
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩11分ほど

甘味茶房 かすが

甘味茶房 かすが
甘味茶房 かすが
甘味茶房 かすが

一番街にある芋そうめんが人気の甘味処『甘味茶房 かすが』

創業は40~50年ほど

店の入口横と店内では焼き団子が販売されています。

1本150円と少し高級品

それもそのはず

一粒一粒が大きく食べごたえがバツグンです。

米粉で作ったお団子が川越のお醤油を使用した特製タレで香ばしく焼き上げられています。

[甘味茶房 かすが](MAP
【住所】埼玉県川越市幸町6-1
【電話】049-226-2392
【営業時間】10:30~18:00
【営業日】不定休
【アクセス】西武新宿線「本川越駅」から徒歩18分ほど

おわりに

予断ですが一昔前「だんご3兄弟」という童謡が流行りました。

しかし、こちらで紹介させていただいた団子はすべて1串に4個ささっています。

江戸時代は団子1個1文(もん)で販売されていました。

それが4文銭(よんもんせん)の発行により4文銭1枚で買える1串に4個ささった団子が普及したようです。

団子はやっぱり焼き立てをその場で食べるのが一番美味しいです。

ほとんどの団子店には串入れが設置されているので食べ終わった串は串入れへ!

※だんごの価格はすべて2022年3月現在のものになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる