おすすめ記事 観光スポット グルメ

小江戸川越 菓子屋横丁で食べ歩き|昔懐かしい昭和レトロなお店がたくさん

 

昔懐かしいお店が並ぶ、小江戸川越『菓子屋横丁』。

 

昭和時代にタイムスリップしたかのような風情ある雰囲気の中、子供に戻ったような気分になって食べ歩きしてみませんか?

 

素朴な味、気取らない味、昔ながらの菓子作りを今に伝える菓子屋横丁

菓子屋横丁マップ

菓子屋横丁は、江戸時代の末期から明治時代の初めごろに、江戸っ子好みの気取らない菓子を製造したのが始まりといわれています。関東大震災で大きな被害を受けた東京に代わって全国への製造・供給を賄い、昭和初期には約七十軒が軒を連ねていました。平成十三年には環境省の「かおり風景百選」に選定されています。

昭和生まれの方なら誰しもお小遣いを握り締め、近所の駄菓子屋さんに駄菓子を買いに行った記憶があると思います。

菓子屋横丁は、そんなワクワクした子供心を思い出させてくれます。

 

平成生まれの方はもしかしたら近所に駄菓子屋さんはなかったかもしれないですね。

そんな平成生まれの方もきっと、お気に入りの駄菓子を探す心踊る気持ちを味わうことができることでしょう。

 

菓子屋横丁の石畳の道に散りばめられた色とりどりのガラスは駄菓子の飴細工などをイメージしたものらしいです。

菓子屋横丁の石畳

 

オバちゃん
菓子屋横丁に軒を並べる数々の店舗のいくつかをご紹介します。

 

菓匠右門|サツマイモを使ったおまんじゅう「いも恋」が人気

本川越方面から寺町通りを曲がってすぐに目に入ってくるのが川越市内を中心に数店舗の店を構える『菓匠右門』。

 

菓匠右門 菓子屋横丁店

 

駄菓子ではありませんが、サツマイモを使ったおまんじゅう「いも恋」が人気です。

 

いも恋

 

山芋ともち粉の生地に北海道産のつぶあんとサツマイモが2層になり包まれたおまんじゅうは、「彩の国認定優良ブランド品」として認定されています。

店内にはイートスペースも設置されています。

 

菓匠右門 イートスペース

 

玉力製菓|伝統的な製法でつくる昔ながらの飴玉

玉力製菓の飴玉

見た目がかわいい組飴、薬草入りのど飴や河越抹茶を使用した河越茶飴、数々の色彩豊かな飴玉が店頭に並ぶのは『玉力製菓』。

 

昔ながらの伝統的な製法を守り自家製の飴玉をつくりつづけています。

店の奥のガラス戸の向こう側には飴をつくっている職人さんの姿が見えます。

玉力製菓 飴製作の様子

 

時間帯によっては飴づくりの見学をすることができます。

 

ふ菓子工房『松陸製菓』|95cmのふ菓子棒は菓子屋横丁のお土産の定番

ふ菓子工房「松陸製菓」の店頭には、いろとりどりのふ菓子が並べられています。

 

松陸製菓 店頭

 

そしてなんといっても「松陸製菓」での一番人気はこちら。

 

日本一長いふ菓子

元祖日本一長~い黒糖ふ菓子!!

菓子屋横丁のシンボルといっても過言ではありません。

このふ菓子を抱えて川越散策している人を街のあちこちでたくさん見かけます。

 

そして、その横では「生芋ようかんソフトクリーム」の販売も。

松陸製菓 生芋ようかんソフトクリーム

 

人気NO.1のさつまいもとむらさきいものMIXをいただきました。

 

松陸製菓 生芋ようかんソフトクリーム

さつまいもチップをスプーンがわりにしていただきます。

サツマイモのとろけるような甘さがとろけるような夏の暑さを冷やしてくれます。

 

スポンサーリンク

 

LEMONADE by Lemonica

LEMONADE by Lemonica

 

2019年2月にオープンしたばかりの「LEMONADE by Lemonica」。

全国に店舗を展開中のレモネード専門店です。

独自製法のレモネードシロップをつかった手作りで新鮮なレモネートが人気です。

 

LEMONADE by Lemonica

 

20種類にもおよぶオリジナルレモネードメニュー。

甘いお菓子にさっぱりとした柑橘系のレモネードがよく合います。

 

たいやき かわしま屋

たいやき かわしま屋

 

菓子屋横丁の食べ歩き定番アイテムといえば、かわしま屋のたいやき

「あんこ」「胡麻あん」「チーズ」「クリーム」「チョコ」、そして川越ならではの「芋あん」と種類が豊富です。

この日は残念ながらお休みでした泣

 

うなぎ『大穀(だいこく)』/蕎麦甘味『クマ甚』

大穀 クマ甚

大穀 クマ甚

 

『うなぎ大穀』では注文を受けてからうなぎをさばきます。

備長炭で焼き上げたこだわりのウナギを楽しむことができます。

『蕎麦甘味クマ甚』では北海道や福井県から厳選したそば粉をしようした独自のこだわりある製法のお蕎麦を味わえます。

 

そんな『蕎麦甘味クマ甚』にぶらりと立ち寄りいただいたのは・・・

じゃじゃーん!

「甚くん」のぜんざい

「甚くん」のぜんざいです。

クマの「甚くん」がぜんざいにつかっています。

甚くんの気持ちよさそうな表情にほっこりします^^

最中でできた「甚くん」の中にはたっぷりのあんこと白玉が詰まっていました。

 

オバちゃん
食べちゃいたいくらいかわいかったので食べちゃいました。

 

稲葉屋本舗|自家製の商品、紫いもまんじゅうが人気

稲葉屋本舗

 

「稲葉屋本舗」店内にはところせましと色鮮やかに駄菓子が並んでいました。

 

稲葉屋本舗 店内

 

30円~50円くらいの駄菓子がたくさん並んでいます。百円玉を握り締めてどれにしようか駄菓子を選んでいた昔を思い出します。

 

「稲葉屋本舗」で人気なのは、自家製の紫いもまんじゅう。

稲葉屋本舗 紫いもまんじゅう

中にはあふれんばかりに紫芋の餡が詰まっています。食べ歩きにおすすめです。

 

外では、かき氷がなんと100円で販売しています。ワンコインです!!

稲葉屋本舗 かき氷100円

 

 

江戸屋|見ているだけでもワクワクが止まらない!駄菓子・お菓子のはかり売りも

江戸屋

 

札の辻から続く道と寺町通りの交差するところに位置する「江戸屋」。

お店の中はいろとりどりの駄菓子で埋め尽くされています。

 

江戸屋 店内

 

そして、店内の一角ではなんとお菓子の量り売りが!!

 

江戸屋 お菓子量り売り

江戸屋 お菓子量り売り

 

オバちゃん
見ているだけでなんだかとてもワクワクしますね。

 

ふっくらふくれた「福福せん」も人気です。

福福せん

 

福福せんは中は空洞になっていてうすくてパリッとした食感でいくつでも食べられてしまいます。

ただ、うすいため、割れずに持ち帰るというミッションが発生します笑

 

オバちゃん
オバちゃんはご近所なので割れずに持ち帰れますが、電車に乗る方はミッションコンプリートできるよう気をつけてくださいね。

 

都屋|1本50円のリーズナブルな老舗の絶品焼きだんご

都屋

 

80年つづく老舗「都屋」の手作り焼きだんご

 

お値段はなんと1本50円

都屋 焼き団子

 

お醤油で焼いた少し焦げ目のついた香ばしい焼き団子。

やわらかくもちもちとしていて50円とは思えない美味しさです。

 

川越ベーカリー楽楽|人気NO.1は、お味噌のパン

川越ベーカリー楽楽

 

「川越市都市景観デザイン賞」を受賞している伝統的な川越の町屋を再現した店構えの『川越ベーカリー楽楽』。

人気NO.1は一日500個も売れている「お味噌のパン」です。

川越ベーカリー楽楽 お味噌のパン

 

北海道産小麦と餅粉をブレンドし、埼玉産の材料にこだわった秩父味噌を練りこまれています。

お店の外にはイートスペースも設けられています。

 

川越ベーカリー楽楽 イートスペース

詳細はこちら 川越ベーカリー楽楽|菓子屋横丁の行列ができるパン屋さん おすすめは味噌パン

オバちゃん
ここで紹介した店舗は菓子屋横丁のごく一部です。
まだまだたくさんワクワクを与えてくれるお店があります。
是非足を運んでみてくださいね。

 

夏の暑さ対策もお忘れなく
川越日傘無料レンタルサービス

おすすめ記事
菓子屋横丁
菓子屋横丁 100円以内で買える駄菓子ベスト10

時は昭和の時代、おこづかいの100円玉や10円玉をにぎりしめて、近所の駄菓子屋さんに行った記憶があります。 駄菓子屋さんの店番のおばあちゃんが優しく迎え入れてくれ、20円や30円で買えるたくさんのお菓 ...

続きを見る

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
▲応援クリックよろしくお願いします。

  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-おすすめ記事, 観光スポット, グルメ
-

Copyright© 川越のオバちゃんと行く川越散歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.