雑記

【東京2020】1日目第1区間 川口市【埼玉聖火リレールート道中記】

埼玉聖火リレールート道中記 川口

 

【東京2020オリンピック埼玉聖火リレールート道中記】

埼玉1日目の第1区間、川口市の聖火リレーコース歩いてみました。

 

川口市の聖火リレールートマップ

  1. 青木町公園聖火台前(出発地)
  2. 並木元町公園付近(到着地)

 

※マップは、TOKYO2020公式HPのマップをもとにGoogleマイマップで独自に作成したものです。

※ルートは今後変更となる可能性があります。

 

川口市の聖火リレールート道中記

 

川口豆知識

映画『キューポラのある街』の舞台となった川口。

川口市は鋳物の街として有名です。

 

川口市の聖火リレーコースを自作の「川越のオバちゃんフラッグ」とともに歩いてみたいと思います。

川越のオバちゃんフラッグ

オバちゃん
とてもチープなつくりなのであまりアップで見ないでね

 

川口の聖火リレーの出発地は『青木町公園聖火台前』

川口市は埼玉1日目の第1区間です。

聖火リレーの出発地は『青木町公園聖火台前

 

青木町公園までのアクセスは

西川口東口から

・徒歩10分

・国際興行バス
「西川06 新井宿駅行き」
「西川07 東浦和駅行き」
「西川07-2 伊刈消防署止まり」
「西川11 網代橋循環」
のいずれかに乗車、「青木公園」下車

となります。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

青木公園聖火台です。

1964年の東京オリンピックの旧国立競技場の聖火台は川口の鋳物師(いもじ)である鈴木萬之助さん、鈴木文吾さん親子が製作しました。

こちらに設置されているのは製作途中で破損してしまった第一号を修復したもの。

川口の鋳物師の偉業をたたえるために青木町公園にレプリカとして保存されています。

 

聖火はここをスタートし、公園内を西側にすすみます。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

ジョギング・ウォーキングコースとなっている道をまっすぐ進みます。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

公園の出口を出たら左に曲がります。

 

青木町公園通り~川口警察署前

 

公園を出て左に曲がると青木町公園通りになります。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

公園のフェンスにはスポーツをする人々の姿がデザインされています。

これも鋳物でできています。

左奥には川口市営球場が見えます。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

市営球場交差点です。

こちらも直進します。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

青木町公園入り口の交差点です。

まだまだまっすぐです。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

川口警察署前の交差点です。

ここを左側へすすんでいきます。

 

川口警察署前~産業道路~並木元町公園

 

川口警察署前の交差点を左にすすむと、産業道路に出ます。

 

川口の聖火リレーコース道中記

 

左側を向くと川口警察署があります。

壁面には人々や犬が太陽に向かって手をあげてワイワイしているようなオブジェが。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

そのまま産業道路をまっすぐ進んでいきます。

歩道も広く聖火リレー当日は人がたくさんあふれかえりそうですね。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

西川口陸橋入り口の交差点。

ちょうどルートの半分くらいでしょうか。

ここも直進します。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

並木小学校北の交差点です。

まだまだまっすぐ進みます。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

交差点をすぎて左側には県陽高校が見えてきます。

平成30年3月31日に閉校してしまったようです。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

並木1丁目の交差点です。

いよいよゴールが近づいてきました。

 

交差点をわたり

 

川口の聖火リレールート道中記

 

その先のカーブを曲がり

 

川口の聖火リレールート道中記

 

一つ目の信号を渡ると

 

川口の聖火リレールート道中記

 

並木元町公園です。

この付近が到着地となります。

川口聖火リレールートは、全長2.0km。

10人のランナーが走ります。

 

公園内にはサッポロビール埼玉工場から寄贈された「川口市立アートギャラリーアトリア」があります。

 

川口の聖火リレールート道中記

 

並木元町公園からは、川口駅まで徒歩8分ほどです。

 

スポンサーリンク

 

川口市の「みちくさ道中記」

 

聖火ルートとは別でちょこっと寄り道した場所を紹介します。

 

キュポ・ラ広場

キュポ・ラ広場

 

川口駅東口からすぐのところにある「キュポ・ラ広場」

「キュポ・ラ広場」には、なんと1964年の東京オリンピックに使用された聖火台が設置されています。

 

1964年東京オリンピック聖火台

 

オバちゃん
青木町公園にあった聖火台レプリカと見分けがつきませんでした

 

旧国立競技場の解体にともない、東日本大震災の復興のシンボルとして被災地である宮城県、岩手県、福島県をまわり、故郷の川口へ帰ってきました。

聖火台の展示は2020年3月まで。

そのあとは新国立競技場へと移されます。

 

そして「キュポ・ラ広場」には、鋳物の町川口を象徴する「キューポラ(鉄を溶かす炉)」の像が飾られています。

 

キューポラ

 

今回の聖火ルート道中記では発見できませんでしたが、もしかしたらルートのどこかにキューポラの見れるポイントがあるかもしれないですね。

 

太郎焼本舗

太郎焼本舗

 

川口駅東口のロータリーをはさんだ向かい側にある「太郎焼本舗」の太郎焼を食べてきました。

 

太郎焼

太郎焼

 

つぶ餡がぎっしり詰まっていておいしかったです。

 

企画一時停止のお知らせ
企画一時停止のお知らせ

  企画一時停止のお知らせです。 なんていきなり言われても「なんのことやねん」って感じですよね?   実は水面下で、とある企画を進行していました。 その企画がこちら。   ...

続きを見る

カテゴリー別記事

サイト内を検索

 

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
↑↑↑ランキングに参加しています。

 

\ いいね!と思ったらシェアお願いします/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-雑記

Copyright© 川越のオバちゃんと行く川越散歩 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.