【川越】『MINAMIMACHI COFFEE』|蔵の街に芋づくしのおしゃれな芋カフェがオープン

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

『MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)』に行ってきました。

目次

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

『MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)』があるのは、一番街の小江戸横丁の一角

2022年4月29日(金)にオープンしました。

札の辻の交差点から南側、一番多く蔵造りが残るこの辺りはかつて「南町」という町名でした。

『MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)』という店名は、

「その昔 市が開かれ 活況を呈したこの場所で、当時の風情に想いを馳せつつ、いまの賑わいも愉しみながら、ほっと一息ついていただける “お休み処” にしたい」

という思いから、かつての古い町名をもとに名付けられました。

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

ショップインショップとして、やきいも専門店の味を提供する『芋川』も併設されています。

『MINAMIMACHI COFFEE』の店内

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

『MINAMIMACHI COFFEE』の店頭には、蔵造りの町並みを眺めながらくつろげる畳のベンチ

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

店内にはテーブル席が並んでいます。

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

祭りをイメージした天井照明

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

そして、一番奥のイートインスペースには壁一面に川越の町並みが描かれています。

『MINAMIMACHI COFFEE』のメニュー

『MINAMIMACHI COFFEE』は、やきいも専門店。

シンプルな「やきいも」やこだわりの芋スイーツを楽しむことができます。

ほくほく系からねっとり系まで最新のスチームコンベクションオーブンで焼き上げられた「やきいも」

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

『MINAMIMACHI COFFEE』の「やきいも」は3つの品種から選ぶことができます。

  • ほくほく系の「紅あずま」
  • しっとり系の「紅まさり」
  • ねっとり系の「紅はるか」

最新のスチームコンベクションオーブンで温度・湿度を絶妙に管理しながら焼き上げられています。

サツマイモの品種による糖度や食感の違いを食べ比べてみるのもいいですね。

食べ比べ3種セットのようなメニューがあったら面白いかも!?

他にも、「冷やしやきいも」や「さつまいもブリュレ」といったサツマイモを存分に味わえるメニューが揃っています。

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

ドリンクメニューもいろいろあります。

「さつまいもブリュレ」と「焼いもラテ」をいただきました

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

「さつまいもブリュレ」と「焼いもラテ」をいただきました。

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

一晩じっくり熟成させたお芋にザラメを香ばしく炙った「さつまいもブリュレ」

シーソルトをかけていただきました。

カルシウムたっぷりの皮ごとかぶりつきます。

粒の粗いシーソルトとブリュレのザクッ、ポリッとした食感とともにいただく焼芋は、天然の甘さにくわえ、さらなる甘みが引き立ちます。

塩味と甘みがおりなす焼芋の新境地といった感じです。

MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)

やきいもとミルクのみで作った「焼いもラテ」

「焼いもラテ」はホットとアイスが選べたのでアイスにしました。

芋づくしでちょっとしつこいかなとも思いましたが、こちらはクリーミーで素朴な甘さ

さっぱりといただくことができました。

『MINAMIMACHI COFFEE(ミナミマチコーヒー)』店舗概要

[MINAMIMACHI COFFEE]

【住所】
埼玉県川越市元町 2-1-3 小江戸横丁 1F

【電話】
049-227-6727

【営業時間】
9:00~20:00

【アクセス】
西武新宿線「本川越駅」から徒歩13分ほど

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

コメント

コメントする

目次