【川越】『炭焼き親子丼 MARUYA』|焼き鳥屋さんがつくる炭火香る親子丼を堪能

炭焼き親子丼 MARUYA

一番街にオープンした『炭焼き親子丼 MARUYA』に行ってきました。

目次

炭焼き親子丼 MARUYA

炭焼き親子丼 MARUYA

『炭焼き親子丼 MARUYA』があるのは一番街の『亀屋元町店』跡地

先日紹介した『小江戸焼き芋 はち』の裏になっており、通りからはちょっとだけ奥まったところにあります。

2022年9月9日(金)にオープンしました。

炭火焼き鳥のお店『炭火と農作 鳥もと』が昼の時間帯のみ運営する炭焼き親子丼のお店です。

(※夜は『炭火と農作 鳥もと』が営業しています)

炭焼き親子丼 MARUYA
炭焼き親子丼 MARUYA
炭焼き親子丼 MARUYA

店内は歴史ある建物をリノベーションした和モダンな空間となっており、カウンター席とテーブル席が並んでいます。

大山どり(だいせんどり)を使用した炭火が香ばしい親子丼

炭焼き親子丼 MARUYA

『炭焼き親子丼 MARUYA』のメニューは

  • 炭焼き親子丼(もも肉) 1,300円
  • 炭焼き親子丼(むね肉) 1,200円
  • 鳥もつ入り 炭焼き親子丼 1,500円
    (もも肉・むね肉・鳥もつ)

の3種類

いずれも漬物・スープ付きです。

(※メニュー・価格はすべて記事執筆時のものとなります。)

追加料金で大盛や肉増し、もつ増しも可能です。

瓶ビールやコエドビール、ワイン、日本酒、ソフトドリンクといったドリンクメニューも揃っています。

炭焼き親子丼 MARUYA

サツマイモ独特の甘みが感じられるコエドビール「紅赤」をいただきながら親子丼ができあがるのを待ちます。

炭焼き親子丼 MARUYA

「炭焼き親子丼(もも肉)」です。

ふたを開けた瞬間にふわっと香ばしいにおいが香ります。

炭焼き親子丼 MARUYA
炭焼き親子丼 MARUYA

肉は銘柄鳥「大山どり(だいせんどり)」、卵は埼玉県日高市の「たかはしたまご」を使用、仕上げには「鳥もと」自家製の焼き鳥たれが使用されています。

炭焼き親子丼 MARUYA

テーブルの上には焼き鳥タレが置いてあるので ”追いタレ” することもできます。

炭焼き親子丼 MARUYA

備長炭で炙られたお肉は外側がパリパリとして中はやわらかくてジューシーな旨味たっぷり

一口かじると燻製のようにも感じられる炭火ならではの香り高い風味が口のなかに広がります。

焼き鳥タレとのバランスも絶妙です。

とろりとした濃厚な卵と力強いお肉の風味が絡み合い、箸(スプーンですが)が止まりません。

これは美味い!

炭焼き親子丼 MARUYA

建物の奥には庭があります。

まだ工事中でしたが、こちらではゆったりできるテラス席や期間限定ショップの出店を予定しているとのことでした。

『炭焼き親子丼 MARUYA』店舗概要

[炭焼き親子丼 MARUYA]

【住所】
埼玉県川越市元町2-1-6

【営業時間】
11:00~17:00(L.O.16:00)

【アクセス】
西武新宿線「本川越駅」から徒歩13分ほど

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

コメント

コメントする

目次