小江戸が極彩色の祭礼絵巻に!2023年の「川越まつり」は川越氷川神社例大祭である10月14、15日に開催

山車が練る!お囃子が響く!

2023年の「川越まつり」は10月14日(土)、15日(日)に開催されます。

例年ですと10月の第3週の土日に開催されていますが、今年は第2週の土日になります。

え?なぜかって?

川越まつり

「川越まつり」は、城下町の総鎮守氷川神社がに行う「例大祭」と「神幸祭」を根源とする祭祀と氏子、町衆が行う祭礼の山車行事。

その氷川神社の例大祭の日が10月第2週の土曜日にあたる10月14日なのです。

平成8年まで「川越まつり」は川越氷川神社例大祭である10月14日、15日に行われていました。

祭りが平日のことが多く、小学生の頃は祭りの日は出席をとるだけで帰宅することができました。午前中から山車を曳くために町に繰り出していたのを思い出します。

目次

絢爛豪華な山車が練る!

川越まつり
川越まつり
川越まつり

2023年の山車は18台が参加、絢爛豪華に町を練り歩きます。

大きく王蔵流、芝金杉流、堤崎流の3つにわかれるお囃子は、流派によってバチさばきやリズム、テンポが異なり華麗な演奏を繰り広げます。

2023年の川越まつり スケジュール

宵山(よいやま)

14日(土) 18:00~19:00頃

暗くなり始める18:00から宵山が始まります。

山車には提灯の灯りがともり、人形が迫り上がり、居囃子が披露されます。

落ち着いてゆっくりと山車を見るチャンスです

>>宵山の山車配置 – 川越まつり公式HP

鳶(とび)のはしご乗り

14日(土) 18:20~ 仲町交差点

鳶のはしご乗り

蔵造りの町並みを舞台に鳶職人の妙技が披露され、技が決まるたびに観客からは大きな拍手と歓声が上がります。

曳っかわせ(ひっかわせ)

曳っかわせ

川越まつりの一番の見どころはなんといっても夜の曳っかわせです。

山車同士が出会うと回り舞台が回転し、山車同士が向かい合い囃子台の上にいる囃子連によるお囃子で競い合います。

特に辻(交差点)では複数台の山車によるお囃子の競演が繰り広げられ町は熱気であふれかえります。

昨年の川越まつり2日目クライマックスには札ノ辻交差点に多くの山車が集まり大きな盛り上がりが見られました。

神幸祭(じんこうさい)

15日(日)
10:15・・・川越氷川神社出御
11:45頃・・・川越氷川神社還御

氷川神社の神さまが乗られた神輿(みこし)が町を巡行する伝統儀式。

市役所前山車巡行

15日(日) 13:30~15:30頃

市役所前を山車が巡行します。

川越まつりには必須!「川越まつりナビ」を活用しよう

川越まつり当日の街の中は多くの人出でごったがえします。

「あの町の山車はどこ?」

「屋台村は?」

「トイレは?」

などといったお悩みを解決してくれるアプリが「川越まつりナビ」

>>「川越まつりナビ」公式HP

「川越まつりナビ」では、

  • 全山車のリアルタイム位置情報
  • トイレ
  • 休憩所
  • 赤ちゃんの駅
  • 屋台村
  • 喫煙所

などの会場案内や

  • 臨時駐車場
  • 臨時バス停
  • 比較的空いている道

などの交通情報を調べることができます。

「川越まつりナビ」を上手に利用して川越まつりを楽しんでください。


2023年の「川越まつり」では、各町の着物をまとった若い衆が山車の前に集まり提灯を片手に乱舞する曳っかわせ(ひっかわせ)も復活します。

小江戸の街が極彩色に染まり華麗な祭礼絵巻をつくりだします。

2022年の川越まつりレポートはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次