【川越】ガラス張りの店内からは仙波東照宮の勝景を一望!社務所一体型カフェ『CAFE ANDON』がまもなくオープン

国指定重要文化財「仙波東照宮」の敷地内に『CAFE ANDON』が2023年12月16日(土)グランドオープンします。

CAFE ANDON
KAWAGOE COFFEE FESTIVAL 2023

先日開催された「KAWAGOE COFFEE FESTIVAL 2023」にも初出店されおり、一足先にコーヒーや焼菓子をいただいた方も多いのではないでしょうか。

グランドオープンに先がけたメディア向けのプレオープンにお邪魔してきました。

目次

境内を行燈(あんどん)のように照らすガラス張りのカフェ

CAFE ANDON
CAFE ANDON

『CAFE ANDON』のオーナーは関原さん。三輪自転車から始まったコーヒー店『COFFEE POST』を独立し『CAFE ANDON』をオープンされました。

店名には、

・川越の地でさまざまな「恩」のもと、国指定重要文化財「仙波東照宮」での出店を迎えられたことへの「恩返し」をしていきたい(AND 恩)

・ガラス張りの店内からもれる灯りで夜の「仙波東照宮」の境内を行燈のように照らす人々の集いの場にしたい(行燈)

という2つの想いが込められています。

CAFE ANDON
CAFE ANDON

テーブル席とカウンター席が並ぶ客席からは仙波東照宮の勝景を一望することができます。四季折々の豊かな自然に囲まれた癒しの空間が広がります。入り口には樹齢300年を超えるエドヒガンザクラも!

この日はまだ工事中でしたがグランドオープンまでにはテラス席も3席完成予定です。

店内の木材は徳川ゆかりの紀州杉、お隣の社務所には日光東照宮の杉並木の杉が使用されています。

こだわりのコーヒー、こだわりの食材、こだわりの器(うつわ)

CAFE ANDON
CAFE ANDON

『CAFE ANDON』では『COFFEE POST』からセレクト、焙煎されたコーヒー豆を使用したANDONオリジナルブレンドのコーヒーをはじめ、川越産の食材を使用した焼菓子や軽食をいただくことができます。

メニューはまだ最終調整段階で固まってはいらっしゃらないとのことでしたが、この日に用意されていたのは

CAFE ANDON
CAFE ANDON

ANDONオリジナルブレンドのドリップコーヒー、カフェラテ、紅茶

CAFE ANDON

パンピーポー』の食パンを使用したホットサンド

CAFE ANDON

お菓子担当のパティシエ ゆりなさん(julian bakery)のつくる「シナモンとあんこの和三盆クッキー」

グランドオープン後にはホットサンドが7種類、小野農園さんのお野菜を使用したキャロットケーキやさつまいもスイーツなどの焼菓子や生菓子も登場するそうです。

CAFE ANDON

器(うつわ)は毛呂山に工房を持つ「アトリエ掌(たなごころ)」さんの陶器で、すべてにANDONのロゴマークが入っています。

CAFE ANDON

店内にはセレクトショップスペースも設けられています。

年末年始はお休みなしで営業とのこと。

福島県出身の関原さん、文化財でのカフェ出店のお話をいただいたときは川越の地で温かく迎え入れられたことに感謝するとともに川越の歴史や文化をより一層深く知るきっかけとなったとのこと。

三輪自転車から始まった関原さんのコーヒー物語、ここ仙波東照宮から新たな物語のつづきを紡いでいかれることでしょう。

『CAFE ANDON』店舗概要

[CAFE ANDON]

【住所】
埼玉県川越市小仙波町1-21-1

【営業時間】
11:00~18:00

【定休日】
火曜日

【公式Instagram 】
https://www.instagram.com/cafe.andon/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次