【川越】『パンピーポー』|元リュネットのシェフ若松さんの新店舗 ハナマンテンのハード系パンが復活!

パンピーポー

2022年3月に惜しまれつつも閉店してしまった『ブーランジェリュネット』

その『ブーランジェリュネット』で活躍されていた若松大輔さんの新店舗『パンピーポー』がオープンしました。

目次

パンピーポー

パンピーポー 
パンピーポー 

『パンピーポー』が店舗を構えるのは新河岸駅から徒歩16分ほどのところ、川越入間線沿いになります。

2022年9月23日(金)にオープンしました。

『ブーランジェリュネット』で活躍されていた若松大輔さんの新店舗です。

若松さんのパンを待ち焦がれていたファンの方も多いのではないでしょうか。

オープン時間の15分ほど前に到着したのですが、お店の前にはすでに行列ができていました。

埼玉県産ハナマンテンを使用した茶褐色のハード系パン

『パンピーポー』では、若松さんの代名詞ともいえる埼玉県産小麦ハナマンテンを使用したハード系パンが販売されています。

『ハナマンテン』は長野県で育種された超強力小麦です。「埼玉県にも強力小麦を!」と前田食品が働きかけ、平成19年産から埼玉県坂戸市で栽培がはじまりました。小麦の風味が豊かでモチモチとした食感が特徴です。

前田食品株式会社HPより
パンピーポー 
パンピーポー 

店頭のショーウィンドウにたくさんのパンが陳列されています。

ショーウィンドウ越しにパンを選び、すぐ左隣にあるカウンターで注文してうけとる形式での販売となっています。

パンを個装してある袋を止めるシールが、ストライプだったりハートマークだったりお店のロゴだったりでとてもかわいいんです。

パンピーポー 
バタール
パンピーポー 
パンピーポー 
あんバターリュスティックサンド
パンピーポー 
大納言

超強力小麦を使用したパンは、もっちりとした食感で小麦の香り豊かな噛み応えのあるハード系

いや、その固さはハードを通り越したハードコアといっても過言ではありません。

時間をかけてゆっくり発酵させてぎりぎりまで焼き込まれたパンは、独特の風味と旨みのあるハードかつもっちり食感

噛めば噛むほどに生地から香る濃厚なパンの香りと豊かな甘み

クセになる美味しさです。

ヴィンテージもののような渋みある茶褐色のビジュアルは、まるで芸術作品のようでもあります。

パンピーポー 
トマトで仕込んだチーズスコーン
パンピーポー 
ハナマンテンスコーン

チーズとトマトの酸味がアクセントになった「トマトで仕込んだチーズスコーン」や、素朴で香り高い「ハナマンテンスコーン」

パンピーポー 
パンピーポー 
ブリオッシュクリームパン

クリームたっぷりのこんがりとしたブリオッシュ生地の「ブリオッシュクリームパン」も絶品です。

ひとつひとつのパンに若松さんのこだわり、小麦やパンへの情熱が感じられます。

『パンピーポー』店舗概要

[パンピーポー]

【住所】
埼玉県川越市砂新田1-19-8

【営業時間】
10:00~17:00

【定休日】
日・月・火

【アクセス】
東武東上線「新河岸駅」西口から徒歩16分ほど

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

コメント

コメントする

目次