【川越】『東洋堂』はサツマイモ菓子一筋110余年|明治時代からつづく伝統菓子「いもせんべい」はお土産にもオススメです

東洋堂

「時の鐘」からほど近くのかぎ曲がりの通りに面したところに趣ある佇まいの店舗を構えるのは『東洋堂』

東洋堂

『東洋堂』は、さつまいも菓子一筋、創業110年余りの芋菓子の老舗です。

目次

東洋堂

東洋堂
東洋堂

『東洋堂』は明治35年の創業、四代にわたり伝統の味を受け継いでいます。

店内には数多くのさつまいも菓子が並んでいます。

なんと『東洋堂』で製造している商品の7割は川越産のさつまいもが使用されているのです。

川越のお土産として大人気!喜ばれること間違いなしです。

メディアにも多くとりあげられ、有名人のサインも並んでいます。

厳選されたさつまいもを使用した伝統菓子「いもせんべい」

『東洋堂』の代名詞ともいえる看板商品は、「いもせんべい」

東洋堂
東洋堂
いもせんべい(紅赤)

熟練の技で厚さ3ミリほどにスライスされたサツマイモを芋焼き機で焼き上げ、砂糖蜜とゴマをからめたお煎餅

サツマイモの甘さと砂糖の甘さが重なり合った素朴な味わいが美味しい伝統菓子です。

パリッと軽快にいただくことができます。

サツマイモの味をより楽しみたいのであれば、砂糖をぬっていない素焼きのいもせんべいも販売されています。

「紅はるか」「紅あずま」「ムラサキイモ」といったサツマイモの品種も選ぶことができます。

“川越いもの代名詞”とも”サツマイモの女王”とも言われた「紅赤」のいもせんべいがオススメです。

東洋堂

「まっ茶風味」や「れもん風味」などのバリエーションも豊富に揃っています。

また、この日はハロウィン間近ということもあり、

東洋堂

ハロウィンらしい「いもせんべい」も販売されていました。

食べ始めたら止まらない「松葉あられ」

東洋堂
東洋堂

サツマイモを細くスティック状に切り、油でカリッと揚げた「松葉あられ」

「黒糖風味」や「うす塩味」、「ごま」と種類もいろいろ

ポリポリと食べ始めると止まらなくなってしまう美味しさです。

『東洋堂』の芋菓子は、東洋堂公式HPからオンラインで購入することもできます。


『東洋堂』の店先ではかわいらしい真っ赤な金魚がお出迎えしてくれます。

東洋堂

のぞきこむと小さな口をパクパクさせて近づいてきました。

お腹がすいているのかな?

東洋堂

店員さんに金魚のエサをもらってエサをあげることができます。

風情があっていいですね。癒されます。

『東洋堂』店舗概要

[東洋堂]

【住所】
埼玉県川越市松江町2-6-9

【電話】
049-222-1852

【アクセス】
西武新宿線「本川越駅」から徒歩12分ほど

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次