川越 陶舗やまわ|NHK連続テレビ小説「つばさ」の『甘玉堂』ロケ地の陶器店

陶舗やまわ

 

『陶舗やまわ』は、陶磁器、漆器、ガラス器などを販売しています。

そのほかにも、陶芸の体験教室や、飲食店「陶路子」の運営もしています。

 

一番街の中ほどにお店を構えています。

目次

陶舗やまわ|明治26年建築、日本で最大級の規模の入母屋形式の土蔵造り

陶舗やまわ(原家住宅)は、一番街明治26年の建築。

現存する日本で最大級の規模の入母屋形式の土蔵造りの建物です。

市の指定有形文化財に指定されています。

陶舗やまわ

 

陶舗やまわ|厳選された地元陶芸作家の陶器の展示・販売

店蔵の中では、瀬戸焼、信楽焼、有田焼など各地の陶器や、地元川越の陶芸作家さんたちの作品が展示・販売されています。

陶舗やまわ 店内の様子

陶舗やまわ 店内の様子

陶舗やまわ 店内の様子

陶舗やまわ 店内の様子

 

とても個性的な色・柄・質感の陶器が店内にところ狭しとたくさん並んでいます。

 

陶舗やまわ 店内の様子

「江戸硝子」も販売していました。

 

 

やまわ蔵部陶芸教室

「陶舗やまわ」では、陶芸教室も開講しています。

 

あわせて読みたい
川越で陶芸体験『やまわ 蔵部』で自分だけのオリジナルな器をつくろう
川越で陶芸体験『やまわ 蔵部』で自分だけのオリジナルな器をつくろう誰しも昔は泥遊びってしたことがありますよね?陶芸で土をこねていると、子どもの頃を思い出します。『陶舗やまわ』の奥の蔵にある『やまわ蔵部(やまわくらぶ)』で陶...

 

オバちゃん
実はオバちゃんも陶芸教室に通っていました。
休日にしかできなかったので、やまわさんではないのですが・・・

 

陶芸は奥が深いです。

おもに手びねりで成形してました。

 

どんな土を使うか、どんな釉薬を使うかで表情がかわり、成形したものを乾燥させて、素焼きして、本焼きが終わるまでどんな仕上がりになるかわからず、いつもワクワクしてました。

 

最初のうちは器をうすく仕上げることも難しいんですよね。

一番最初につくった湯呑みなんて超極厚です笑

 

熱いお茶を入れても持てるので今でも大事に使ってますよ。

ある程度、数をこなせばコツがつかめてきて、お友達の結婚式やお誕生日などにプレゼントすると、とても喜んでもらえました。

NHK連続テレビ小説「つばさ」の『甘玉堂』ロケ地としても使用

「陶舗やまわ」は、2009年(平成21年)に放送された、川越が舞台となったNHK連続テレビ小説「つばさ」のヒロインつばさ(多部未華子)の生家「甘玉堂」の外観として使われました。

 

店内にはそのとき使用された看板が飾られています。

甘玉堂 看板

 

 

「さつまいもミニ懐石」が人気の『話処 陶路子』

「陶舗やまわ」の一角にある「話処 陶路子(とろっこ)」。

ランチの時間帯(11:45~15:00)には川越名産のさつまいもをふんだんに使用した、「さつまいもミニ懐石」をいただくことができます。

陶路子 さつまいもミニ懐石

 

陶器店が経営する飲食店だけあって、素敵な器にお料理が盛られています。

クリームあんみつやおしるこ、夏には夏季限定のかき氷もいただくことができます。

写真はコーヒーフラッペです。中にバニラアイスが入っています。

 

陶路子 コーヒーフラッペ

 

あわせて読みたい
『陶路子』|川越で人気のランチ『さつまいもミニ懐石』、夏季限定かき氷もおすすめ
『陶路子』|川越で人気のランチ『さつまいもミニ懐石』、夏季限定かき氷もおすすめ 川越といえばなんといっても有名なのは、サツマイモ。川越に来たからにはサツマイモのお料理を食べておきたいですよね。 そんな川越名産のサツマイモを使っ...

 

陶舗やまわ 店舗概要

住所 埼玉県川越市幸町7-1

電話 049-222-0989

営業時間 10:00~18:00

定休日 不定休

アクセス
【JR埼京線/東武東上線「川越駅」から】
川越駅東口バスターミナル1または2番乗り場より乗車し「一番街」下車徒歩1分

【西武新宿線「本川越駅」から】
東武バスに乗車し「一番街」下車徒歩1分

 

オバちゃん
陶芸体験であなただけの器、つくってみませんか?

 

あわせて読みたい
小江戸川越 蔵造りの町並み|江戸情緒を今に伝える城下町の面影
小江戸川越 蔵造りの町並み|江戸情緒を今に伝える城下町の面影小江戸と呼ばれる川越は、北部市街地を中心に、蔵造りの建物が数多く残っています。川越に蔵造りの町並みが形成される契機となったのは、明治26年の大火です蔵造りは、...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる