川越『すずのや』|旧大工町長屋でいただく秋田名物「だまっこ鍋」

にぎやかな観光エリアからちょっとだけ離れたとこにある昭和を色濃く感じられるたたずまいの旧大工町長屋。

そんな旧大工町長屋にある『すずのや おやさいとくだものとお酒と』に行ってきました。

すずのや

『すずのや』は、本川越駅から徒歩6分ほどのところに店舗をかまえています。

目次

『すずのや おやさいとくだものとお酒と』

『すずのや』さんは、古い商店をリノベーションしたお店です。

このあたりは昔、木工職人が多く暮らしていたことから大工町と呼ばれており、この一角の建物は「旧大工町長屋」と呼ばれています。

すずのや

隣にある『glin caffe』さんとひとつながりの店舗は、どことなくさびれた風合いの外観で昭和の時代を色濃く感じさせてくれます。

『すずのや』のメニュー

●秋田名物だまっこ鍋
●牛もつ鍋

などの鍋メニュー

●岩手産 殻つき生ガキ
●大分産 寒ブリの塩たたき
●千葉産 〆サバ炙り刺

などの海鮮メニュー

店主さんが秋田出身であることから

●秋田 畠山商店 つくだ煮盛り
●秋田産ギバサポン酢
●秋田の餅屋さんの杵つき焼豆餅

などの秋田料理

●川越産 白太ネギのガーリックバターソテー
●川越産 大根のポリポリ漬け

などの川越産のお野菜を使用したメニューも。

他にもおでんや一品料理のメニューが盛りだくさんです。

お料理メニューだけではありません。
店名の「おやさいとくだものとお酒と」の名のとおり、お酒の種類も豊富に揃っています。

ビールにサワー、果実酒、ワイン、地酒、焼酎、ソフトドリンクと5ページにもおよぶドリンクメニューがあります。

お隣の『glin caffe』のコーヒーを使用した厳選珈琲焼酎も楽しめます。

『すずのや』で「だまっこ鍋」をいただきました

すずのやの店内

『すずのや』の店内は、カウンター席とテーブル席が用意されています。

入り口を入ってすぐ上を見上げると

すずのやの店内

2階までの吹き抜けの空間があり、梁から吊るされたシロッコファンがクルクルと回転しています。

2階の客席は半個室空間となっており、4名~貸切で使用することができます。

すずのや
オバちゃん

4名で来店したので貸切にできたかも!?

すずのや

秋田産のいぶりがっこ

10種類以上のお野菜がたっぷりの「すずのやサラダ」

川越産 塩炒り銀杏

さつま芋のフライドポテト(とビール)です。

そして最後に登場したのは

だまっこ鍋

秋田名物だまっこ鍋です。

だまっこ鍋

「だまっこ鍋」は秋田の家庭料理。

「だまっこ」は、きりたんぽと同じですが細長くよりも手間がかからないということで丸い団子状になっているということでした。

2人前を注文したら

だまっこ鍋

お鍋2つで登場しました。

スマホで撮影しようとすると湯気であっという間にくもってしまいます。

アツアツの「だまっこ鍋」とっても美味しかったです。

『すずのや』までのアクセス・営業時間など

【住所】埼玉県川越市連雀町27-1

【電話】049-272-7794

【営業時間】15:00~23:00(22:00 L.O.)

【定休日】月曜日

【アクセス】本川越駅から徒歩8分

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる