グルメ

川越 『STEAK&CURRY 66』|六軒ROLLカレーはコクと旨みたっぷり

STEAK&CURRY 66

 

ステーキとカレーが食べられるお店

『STEAK&CURRY 66』に行ってきました。

STEAK&CURRY 66

 

『STEAK&CURRY 66』は、川越市駅から徒歩6分ほどのところにあります。

 

『STEAK&CURRY Rocken Roll(ステーキ&カレー 六軒ロール)』

 

『STEAK&CURRY Rocken Roll』は六軒町にあります。

Rocken Roll(66)は六軒町(ろっけんまち)の名前とかけて、ロッケンロールと読みます。

 

にぎやかな観光地とはちょっとだけ離れた場所にたたずむ『STEAK&CURRY 66』ですが、

「彩の国カレーなる闘い」のイベントにおいても各賞のトップ3にランクインする銘店なのです。

 

こだわりの肉、川越産のお野菜やお米を使用したステーキとカレーメニューが味わえます。

 

『STEAK&CURRY 66』のメニュー

 

●六軒ロール ビーフカレー 800円

●六軒ロール チキンカレー 800円

●カレーなる闘いビーフxチキンカレー 1,200円

などのカレーメニュー

 

●ジャンクステーキ 1,000円

●国産黒毛和牛ステーキ 1,500円

などのステーキメニュー

 

●ジャンクステーキカレー 1,300円

●国産黒毛和牛ステーキカレー 1,800円

などのステーキもカレーも楽しめるメニュー

 

●黒毛和牛シャトーブリアン 4,000円

●トマホークステーキ1kg 9,990円

●T-BONEステーキ 1ポンド 5,000円

といった、ガッツリいけそうなメニューも用意されています。

 

そして、低温熟成にこだわった豚肉や鶏肉も楽しむことができます。

 

※価格はすべて2020年1月現在のものです。

 

『STEAK&CURRY 66』で六軒ロールビーフカレーを食す!

STEAK&CURRY 66

 

『STEAK&CURRY 66』は、アメリカンな外観の建物。

ルート66の標識を彷彿とさせる大きな看板の横のドアから店内へ入ると

 

STEAK&CURRY 66

 

アメリカンヴィンテージ風の店内にはカウンター席が並んでいます。

椅子が同じ角度に揃えて綺麗に並んでいます。

 

STEAK&CURRY 66

 

カウンター席と厨房の間は壁でふさがれていて、硬派でクールなつくりとなっています。

 

STEAK&CURRY 66

 

入り口から入って左側にある券売機で食券を購入します。

「六軒ロール ビーフカレー」にしました。

 

店内に店員さんの姿が見当たらなかったのでどうしようかなと思っていると

奥から優しそうな店主の方が顔を出して「席にかけてお待ちください」と声をかけてくれました。

食券を渡そうとすると「オーダーはわかっているので大丈夫ですよ。六軒ロール ビーフカレーですね」

 

オバちゃん
エスパーか!?

 

券売機で食券を購入すると厨房でもわかる仕組みのようです。

 

ほどなくして運ばれてまいりました。

 

STEAK&CURRY 66

 

「六軒ロール ビーフカレー」です。

赤いフタの容器には真っ赤な福神漬けが入っています。

 

STEAK&CURRY 66

 

スパイシーだけれども、旨みとコクが感じられるとてもまろやかなカレーです。

しっかりと煮込まれたお肉はやわらかくてジューシーな味わい。

辛さは強くないので辛いのが苦手な人でも大丈夫です。

 

カレーが食べたくなったら気軽にサクっと立ち寄ってサクっと食べられるお店です。

 

オバちゃん
今度は人気ナンバーワンの「ジャンクステーキカレー」を食べにきたいと思います。

 

STEAK&CURRY 66

 

店内には、モッキンバードの透明ギターが飾られていました。

 

オバちゃん
ロッケンロール!!

 

『STEAK&CURRY 66』までのアクセス・営業時間など

 

『STEAK&CURRY 66』 店舗概要

【住所】埼玉県川越市六軒町1-16-1

【営業時間】
・11:00~14:30
・18:00~22:00

【定休日】水曜日

【アクセス】
・東武東上線「川越市駅」から徒歩6分
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩7分

 

カテゴリー別記事

サイト内を検索

 

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
↑↑↑ランキングに参加しています。

 

\ いいね!と思ったらシェアお願いします/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-グルメ

Copyright© 川越のオバちゃんと行く川越散歩 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.