雑記

【川越】サヨナラ営団地下鉄丸の内線400形444号

 

川越には東京メトロ丸の内線は走っていません。

しかし、先日まで川越に丸の内線車両が止まっていたのです。

 

営団地下鉄丸の内線400形444号が解体へ

 

営団地下鉄丸の内線400形は、300形の増備車両として1956年(昭和31)年に登場しました。

丸の内線の特徴でもある真っ赤なボディカラーの車両です。

 

引退後に400形のいくつかの車両は民間に売りに出されました。

そのうちの一つを川越の方が購入され、庭に飾られていました。

 

丸の内線400形444号

丸の内線400形444号

 

何度か整備・メンテが行われてはいましたが、老朽化がすすんだからなのでしょうか、解体が始まっていました。

 

丸の内線400形444号

丸の内線400形444号

丸の内線400形444号

丸の内線400形444号

丸の内線400形444号

 

車両番号の「444」の文字も見えなくなってしまっていました。

 

丸の内線400形444号

 

そして線路と台車の部分を残し、丸の内線400形444号の車両は姿を消してしまいました。

この道は年に数回くらいしか通らないのですが、真っ赤だった頃の車両の写真を撮ってなかったのがくやまれます。

 

サヨナラ営団地下鉄丸の内線400形444号

 

\ いいね!と思ったらシェアお願いします/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-雑記

© 2020 川越のオバちゃんと行く川越散歩 Powered by AFFINGER5