【川越】『LEC COFFEE』|酒屋さんの中にあるガレージ風カフェでいただくほろ苦プリンとラテアート

LEC COFFEE

川越氷川神社から徒歩5分ほどのところにある『LEC COFFEE』に行ってきました。

LEC COFFEE
LEC COFFEE

『LEC COFFEE』は、2020年11月12日に酒屋さん(柳屋酒店)併設のカフェとしてオープンしました。

店名の ” LEC ” は ” Little Edo Coffee(小江戸コーヒー) ”の頭文字をとって名づけられました。

目次

アメリカンヴィンテージなガレージ風の店内

LEC COFFEE
LEC COFFEE
LEC COFFEE

入り口のそばには存在感のあるハーレー、壁にはRC打ち放し風の壁紙が貼られ、ガルバリウム鋼板の天井にむきだしの鉄骨

「男の秘密基地」のようにも見えるアメリカンヴィンテージなガレージ風の店内となっています。

LEC COFFEE

酒屋さん併設なので奥にはいろいろなお酒が販売されています。

お店の外にはペット同伴可のテラス席もあります。

エスプレッソプリンとホットラテ

『LEC COFFEE』のことを知ったのは店主さんの撮影された素敵な写真が並ぶ Instagram(@lec_coffee)でした。

中でも一番気になっていたのが

「カヌレ」です。

毎日あるメニューではないようなので「カヌレありますか」と尋ねたところ

気温が高いときはやわらかくなってしまうので今の季節はあまり焼いていないとのことでした。

しかし他にも気になるメニューがたくさんあります。

LEC COFFEE
通常メニュー
LEC COFFEE
限定メニュー

「エスプレッソプリン」と「ホットラテ」をオーダーしました。

トランプの番号札がわたされ、できあがりを待ちます。

LEC COFFEE

レトロな銀のカップにのったダークブラウンのプリンとラテアートがほどこされたホットラテは、お店のヴィンテージな雰囲気にとけこむビターなビジュアルです。

こういうときにこの言葉を使っていいのかな

エモい!

LEC COFFEE

「エスプレッソプリン」は、江田養鶏場さんの卵を使用した昔ながらの少し固めのプリン

生地にはエスプレッソマシンで抽出したエスプレッソが練りこまれています。

カラメル+チョコのソースとともにいただきます。

濃厚な卵の味が感じられるしっとりとしたほろ苦プリン

これは美味しい!

LEC COFFEE

口をつけるのがもったいなくなるようなラテアートがほどこされた「ホットラテ」は、まろやかでプリンのエスプレッソを引き立てます。

非日常な空間でビターなひとときを堪能することができました。

『LEC COFFEE』店舗概要

[LEC COFFEE]

【住所】
埼玉県川越市志多町2-1

【電話】
049-222-1157

【営業時間】
11:00~18:00(L.O.17:30)

【アクセス】
・川越駅または本川越駅から東武バス
「神明町行き」乗車、「喜多町」バス停下車徒歩2分ほど
(※月吉経由は停車しません)
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩18分ほど

【駐車場】
あり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

コメント

コメントする

目次
閉じる