【川越】『そば工房 蕎花(きょうか)』|蕎麦本来の味と香りが楽しめる自家製粉の手打ち蕎麦

札の辻の交差点にあるお蕎麦屋さん『そば工房 蕎花(きょうか)』に行ってきました。

目次

『そば工房 蕎花(きょうか)』

そば工房 蕎花

『そば工房 蕎花(きょうか)』があるのは、観光客でにぎわう一番街の北端に位置する札の辻の交差点。

札の辻ポケットパークのすぐお隣です。

休日のお昼時ともなると行列のできる人気店です。

『そば工房 蕎花(きょうか)』の店内

緑と茶色のアースカラーのかわいらしい建物はなんと築80年余りのレトロ建築。

緑色の暖簾をくぐり店内に足を踏み入れると

1Fにはカウンター席。

そしてその奥の突き当りを曲がると

蕎花名物急階段!!

かなり傾斜角のある階段がそびえたっています。

その急階段をのぼった2階は、昭和レトロが感じられるお部屋にテーブル席がいくつか並んでいます。

こちらも緑と茶色のアースカラーで統一されておりくつろぎの空間となっています。

『そば工房 蕎花(きょうか)』のメニュー

『そば工房 蕎花(きょうか)』では、石臼で挽いた自家製粉を使った手打ち蕎麦をいただくことができます。

  • 海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ
  • 海老と野菜の天せいろ
  • 海老と野菜の天丼セット
  • 二八 粗びきせいろ
  • とろろせいろ
  • とろろ山かけそば
  • 山菜そば

など

一番人気は「海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ」

一番人気の「海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ」をいただきました。

海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ

こちらはなんと

海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ

同じ原材料で挽き方とブレンドが異なる「十割そば」と「二八そば」、両方がいただけちゃう贅沢なメニューです。

こうやって並んでいると色の違いがよくわかります。

海老と野菜の天ぷら付き十割蕎麦と二八蕎麦の二色せいろ

エビと野菜もりだくさん(まいたけ、ピーマン、にんじん、さつまいも、大葉)のパリサクの天ぷらも付いています。

二八蕎麦
二八蕎麦
二八蕎麦

透き通るような白さでツルッとのどごしがよい「二八蕎麦」、

十割蕎麦

「十割蕎麦」は、「二八蕎麦」よりも少し角が立つ固さで蕎麦の風味がきわだちます。

「二八蕎麦」も「十割蕎麦」も好きですが、いざこうやって並べて食べ比べてみると「十割蕎麦」のほうが ” そば ” って感じが強くて好きかもです。

〆に蕎麦湯をいただきました。

オバちゃん

ごちそうさまでした

『そば工房 蕎花(きょうか)』店舗概要

そば工房 蕎花(きょうか)

[そば工房 蕎花(きょうか)]

【住所】埼玉県川越市元町1-14-2

【電話】 049-226-5814

【営業時間】11:30~15:00(L.O.14:30)
※当面の間、夜の部は休業

【定休日】不定休

【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分ほど
・東武バス「札の辻」バス停から徒歩1分

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる