グルメ

川越 ココア専門店『ここ和』|「泊まれるカフェ」9月28日(土)オープン

2019年9月28日

ここ和

「泊まれるカフェ」なんて今まであったでしょうか!?

ココア専門店『ここ和』が9月28日(土)にオープンしました。

ここ和

 

『ここ和』は、六軒町の交差点から連雀町方面へ向かう途中の川越日高線沿いに店舗を構えています。

 

『ここ和』|ゲストハウスカフェとして「ここでつながる和」を大事に

9月28日のオープン初日に『ここ和』さんにお邪魔しました。

1階はカフェ、2階はゲストハウスという新しいスタイルのお店です。

 

1階のカフェスペース

ここ和 カフェスペース

 

店内に足を踏み入れるとカウンター席とテーブル席があり木のぬくもりを感じるアットホームな空間が広がっていました。

一番奥の席に腰をかけると、

「そこは以前は和室だったんですよ」と気さくに声をかけてくださったのは、店主の太田さん。

太田さんご夫婦が中心となり、DIYワークショップでつながった方たちとともに空き家をリノベーションしてカフェにされたとのことでした。

入り口を入ってすぐのところがフローリングの洋室、そしてその奥が掘りごたつのある和室だったようです。

入り口を入ってすぐ右手に階段があるので2階にもカフェスペースがあるのかと思いきや・・・

2階はゲストハウスになっていて泊まることができるんです

えっ!!!?

 

2階のゲストハウスは2部屋、中2階に1部屋

早速、2階を見学させていただくことに。

階段の途中にひと部屋お部屋がありました。

「ここは中2階になっていて、実はここが一番おすすめの特別なお部屋になってます」

 

ここ和 中2階

 

オバちゃん、部屋の角っこしか写ってないみたいだけど・・・
よしこ
オバちゃん
ドキッ!写真撮るの下手っぴでごめんなさい。。。

 

このお部屋は2面が窓になっていて入って正面の窓をのぞくと川越日高線の道路が見えます。

ここ和 中2階からの景色

 

川越まつりのときには、この窓から六軒町の山車が通るのを眺めることができるようです。

中原町の山車も通るかもしれないとのこと。

この辺は、川越まつりの日には交通規制で車両通行止めとなり歩行者天国になるので、屋台や露店が並びにぎやかな景色が楽しむことができそうですね。

 

そして右側の窓からは

ここ和 吹き抜け

 

お店のエントランスを見下ろすことのできる吹き抜けの空間が広がっていました。

窓には素敵な草花のステンドグラスがはめこまれ、色鮮やかにエントランスを照らします。

開店祝いの綺麗なお花もたくさん並んでいます。

中2階を出て2階へとつづく階段を登っていきます。

 

階段を登った右側には3人まで泊まれる6畳の和室がありました。

ここ和 2階

 

もともとの居室を生かしてリノベーションされたようです。

そして階段正面にももう一部屋。

 

ここ和 2階

 

琉球畳が素敵な4人まで泊まれる8畳のお部屋です。

いずれ間接照明を設置したいとのことでした。

宿泊料金は、人数により異なり、一人あたり3,400~4,000円くらいになるそうです。

2階にも水廻りの設備が整っています。

「女子会や修学旅行のようにワイワイと過ごせる空間にしたいですね」と店主の太田さん。

スポンサーリンク

『ここ和』のメニュー

ここ和 メニュー

●ここ和のココア(ホット) 450円
●子どものココア(ホット) 350円
●ミントココア(アイス) 400円
●ティラミスココア(ホット) 500円

●キーマカレーセット1
(スープ・ランチドリンク付) 900円

●キーマカレーセット2
(スープ・お好きなココア) 1,200円

 

オープン初日のメニューなので、まだまだメニューが増えていくそうです。

夜はコエドビールやスパークリングワイン、サワーなどのアルコールも楽しめるとのこと。

「今日はプレオープンなので貼り紙のメニュー表ですが、今メニューのデザインを考えながら製作中なんです」と、奥様がスマホ画面で製作中のメニュー表を見せてくださいました。

ココアが擬人化されたとてもかわいらしいデザインです。

完成するのが楽しみです。

キーマカレーセットとティラミスココアをいただきました

 

お好きなココアが選べるキーマカレーセット2をいただくことにしました。

選べるココアはなんと、すでにミントココアがsoldoutしてしまっていました。

 

オバちゃん
ないとわかると飲みたくなってしまいます。

 

ココアはティラミスココアにしました。

 

ここ和 キーマカレーセット

 

キーマカレーとコンソメスープです。

キーマカレーには細かく刻んだお野菜たっぷりが入っていてヘルシーでとてもやさしい味わい。

パセリも散らしてあって彩りもとても綺麗です。

ブロッコリーなどのお野菜が入っている具だくさんのコンソメスープもおいしかったです。

 

そして食後には、

ここ和 ティラミスココア

ティラミスココアです。

まさに飲むティラミス!!

濃厚なマスカルポーネのチーズクリームとココアが溶け合いやわらかな甘さが広がります。

デザート好き女子におすすめです!!

 

まだまだリノベーション中、手作り感覚でお店も完成にむかってます

まだ、お店づくりも途中段階とのことで、壁にはところどころに

ここ和

 

このように、「タイル張る」などの文字がかかれたメンディングテープが貼られています。

2階のゲストハウスは川越まつりの前までにはオープンする予定ということです。

「階段を登った突き当たりの壁は、黒板にしてウェルカムボードにするんですよ」

「カウンターとキッチンをつなげて対面式のキッチンにする予定です」

「ガレージにもテーブルと椅子を置いてテラス席をつくるんです」

お店のこれからの展開について語るお二人の目はキラキラと輝いていました。

 

ここ和 太田夫妻

ここ和 太田夫妻

 

オバちゃん
お二人の話を聞くオバちゃんの目もキラキラしてたかも^^

 

『ここ和』で女子会!!(10月21日追記)

『ここ和』で中学校のときの同級生4人で女子会してきました。

 

オバちゃん
オバちゃんなんだから、女子じゃないだろとか言わないでね

 

ここ和 店内

カウンターが対面式になっていました!!

 

ここ和 ミントココア

前回Soldoutで飲むことのできなかった「ミントココア」。

ミントがさわやかに効いていておいしいっ!!

 

ここ和 コエドビール

ここ和 スパークリングワイン

アルコールも、コエドビールやスパークリングワイン、レモンサワーなど、いろいろありました。

 

ここ和 レモンサワー

グラスもおしゃれでかわいいっ。

 

お料理も

生ハムチーズ

ポトフ

えりんぎベーコン

「生ハムチーズ」や「ポトフ」、「えりんぎベーコン」などなど。

久しぶりに会うお友達もいたので、時間を忘れておいしく楽しく過ごせました。

 

『ここ和』までのアクセス、営業時間など

住所 埼玉県川越市中原町1-10-6

営業時間 12:00~21:30

アクセス
・西武新宿線「本川越駅」から徒歩6分
・東武東上線「川越市駅」から徒歩8分

 


 

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
▲応援クリックよろしくお願いします。

 

\ シェア!!/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-グルメ

Copyright© 川越のオバちゃんと行く川越散歩 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.