雑記

【Jリーグを目指して】『COEDO KAWAGOE F.C』川越をホームグラウンドとした社会人サッカークラブチームが誕生します

COEDO KAWAGOE F.C

 

川越をホームグラウンドとした川越発の社会人フットボールクラブチーム

『COEDO KAWAGOE F.C』が2021年より始動します。

 

COEDO KAWAGOE F.C

COEDO KAWAGOE F.C

 

川越からJリーグ参入を目指す

 

川越発の社会人フットボールクラブチーム『COEDO KAWAGOE F.C』の体制が

『COEDO KAWAGOE F.C』のYouTubeチャンネルで発表されました。

>>【地域リーグからJリーグへ】COEDO KAWAGOE F.C 紹介

 

『COEDO KAWAGOE F.C』のクラブ創設理念からクラブの経営までを紹介されています。

動画の中で代表の有田さんは

「コロナ渦で非日常的でエキサイトさせてくれるスポーツの魅力にあらためて気づき、いつか世の中が落ち着いたときのためにもクラブを創り、世の中に少しでも貢献したい」と述べています。

 

他にも

『COEDO KAWAGOE F.C』の

●VISION(未来像)

●MISSION(挑戦)

●VALUE(価値観)

などが細かく語られています。

 

初代監督は、スペインサッカーコーチレベル3(S級相当)を取得し、スペインでも指導を行っていた坂本さんが就任。

「美しいサッカーをして勝ちたい」と動画の中で語っていました。

 

2020年9月26日には

「COEDO KAWAGOE F.C」セレクション2020(選考会)が開催されます。

「COEDO KAWAGOE F.C」セレクション申込フォームから応募することができます。

 

\ いいね!と思ったらシェアお願いします/
  • この記事を書いた人

川越のオバちゃん

川越に生まれ川越に生きる小江戸っ子。 「たくさんの人たちに川越を知ってもらいたい」 「目にうつる川越の景色を残したい」 「川越のおいしいものを食べつくしたい」 という想いを胸に、買い物カゴ片手に今日も川越の街をお散歩中。

-雑記

© 2020 川越のオバちゃんと行く川越散歩 Powered by AFFINGER5